食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編



サンドイッチ・ニソワーズ:950円

いわゆるニース風サラダのサンドイッチ。
毎年「パリニース」のレース時期に合わせて作られるようで、初めてありつけました。


野菜、魚介、ゆで卵が溢れるほど入って、とても鮮やかな色合いは食べなくても楽しめるほど。

食感はシャキシャキ、プリプリッと多種多様なリズミカルさで楽しく、ニンニクがしっかりきいた味付け。
ツナの旨み、とても味の濃い卵など、地味に驚かされる部分があります。

こういったものが毎日食べれたらな・・と、しみじみ感じられるサンドイッチです。



銀タラの八戸風:850円

銀タラはタラの1種ではなく、「ギンダラ」という単独の種になる魚だそう。


身も厚く脂も乗って、ただ焼いただけではないと思いますが、旨味の詰まった感じがあり。
ソースの美味しさも加わって、特に魚が好きでない僕でも美味しく食べれます。



ストーングリルのサンド:1000円

普段の食生活では絶対に食べる事のないオングレという部位の肉。


ミシミシと弾き返されるような表面を抜けて、スパッと噛み切れる柔らかみ。
グリルされた香ばしさと肉の濃い旨味、ニンニクがきいたソースが食欲を増進させます。

インナーマッスルな部位の肉らしく、食べていると血となり肉となる感覚にもなれます。



黒毛和牛のセップ煮込みサンド:1600円

焼きだけでなく煮込みも。


口に入れるとホロホロ崩れるようで、繊維質からくるしっかりした噛み応えもあり。
じっくり煮込まれた味は焼きに比べると臭みもありますが、ネガティブなものではない肉肉しさ。

セップ茸もアクセントとなり、意味のないものは何もありません。



プーレ・キュリー:450円

この日は最も優れる「あべどり」を使っているそう。
15個くらい出てたと思いますが、5人目の順番では残り2つになってました。


引き締まった身の質感を感じながらサクッと気持ちの良い歯切れ。
鶏ムネなので旨みの中に淡白さもありますが、カレー風味の味付け、自家製マヨでコクのある風味に。

地鶏料理をこの値段で食べれる事もありがたいですが、何よりありがたい美味しさです。


パンだけでなく、食べた事のない美味しいお菓子、美味しい料理も食べれます。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム