食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:パン編



クロワッサン:400円

いっぱい買ってますが、ホテルに辿り着く頃には撮影用の1つだけに。


今回はまた一段と美しく、キラキラ輝いて見える表面、他に類を見ない層。
存在自体がスペシャルであり、問答無用の美味しさ。

個人的には原点にして頂点といった物です。



パン・オ・ショコラ:400円


クロワッサンに比べ、食感はワイルドさのあるパリパリ・サクサク感。
バターは抑えられてますが、生地の旨みがチョコレートと融合して味わい深いです。



クイニーアマン:350円


こちらも複雑に折り込まれ、キャラメリゼも相まっての重厚な食感。
砂糖やバターの味の強さ、それに負けない生地の旨みとのせめぎ合いが楽しめます。



ブリオッシュフイユテ・オランジェ:550円


表面からは蜜のようなまったり甘いオレンジフラワーの香り。
中の方はパッと明るいオレンジの風味が爽やかに広がります。

生地の中に目に見える何かが入っているわけではないですが、何かが見えてしまいそうな華やかさがあります。



ブリオッシュフイユテ・ティラミス:550円


コーヒーシロップが巻き込まれてココアの風味も少し。
マスカルポーネは感じませんでしたが、ブリオッシュの乳成分でティラミス風に。

ほろ苦いエスプレッソがブリオッシュの美味しさを引き立てている印象もあり、奥の深さを感じられます。



パン・オ・フロマージュ:1500円

この日の一発芸的な大きなパン。


薄い表面1枚はカリッとして、中はしっとり・むっちり。
水分量は少ないのに不思議なしっとり感で、ネチャッとする事はなく驚異的な口溶けの良さもあり。

生地の旨みに濃厚なチーズが加わり、これ1つで食事として成立してしまいます。

予定として翌日1日で食べ切る必要があり、ちょっと心配でしたが、食べ続けるのを止めるのが難しい美味しさでした。



なか落ちシュトルーデル :400円

シュトルーデルという1台物のお菓子の両端になるようで、サイズからのイメージの倍くらいの重さがあり。
残っていた3つ買いましたが、1kg以上あるんじゃないかという重みでした。

シュトルーデルは特別な定義はないようですが、薄くのばした生地にリンゴなどを巻いて焼いたものだそうで、端っこながら食べるのは初になります。


週替わりで内容が違うようで、この日は「マラデボア押しのシュトルーデル・パリニース」だそう。
初めてなので比較ができませんが、ゴロッと入ったリンゴに、見た目も香りもフリュイルージュが華やかです。

生地は香ばしく、そこそこの厚みで歯応え良く、重なり合った部分はググッとコシのあるような食感に。
フレッシュなリンゴの甘酸っぱさに、バニラやフリュイルージュの風味で、花のような魅惑的な香りがあります。

あんなイメージかなと予想していた物はありましたが、味も食感も全く違い・・全く違うレベルの美味しさでした。


どれもこれも、頂点にして究極でした。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム