FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ラオシャン(神奈川県厚木市) 

2018/03/24 Sat 14:45訪問
ラオシャン 厚木


東京を出たものの、急遽厚木に宿泊する事にして、宿に向かう途中で見かけたお店。

平塚のご当地ラーメンで、東京往復時に余裕があれば1度行ってみようかなとリストに入れてましたが、厚木にもあったのか・・と、寄ってみる事に。

コの時カウンターのみで、厨房の奥には家族の居住空間が垣間見られる店内。

通し営業のようで、中途半端な時間だったせいか他に客はおらず、店主と思われる男性は黙々と玉ネギをみじん切りされてました。



「タンメン・餃子の店」の看板どおり、メニューは実質その2種類のみ。
しかし、タンメンと餃子が430円なのに対し、ライスが320円の謎の設定。

ライスを頼んでみたい、何ならライスだけ頼んでみたい誘惑にかられるも、こらえてタンメンのみオーダー。
そして店主は返事をするも、そのまま玉ネギのみじん切りを止めることはなく。

・・って作れよ!と心の中でツッコんだところ、部屋から母親らしき年配の女性が出てきて、調理を始められました。



月見ワカメタンメン:540円

タンメンと言っても、一般的な野菜炒めが乗ったものではなく、オリジナルのもの。

器に半分以上のワカメ、周囲を回るように玉ネギ、生卵が1個。
卵とワカメは追加トッピングの位置づけなので、ノーマルでの具は玉ネギのみという事になります。

ちなみに月見は生卵orゆで卵の選択で、生にしました。



ほぼ透明のスープはお湯かな?と思うほど。

味の方もあっさりしており、酢のツンとする軽い酸味と、微かな豚骨と思われるコク。
何かで、けっこう酸っぱいと書いてあるのを見た記憶がありますが、問題なく飲めるくらいです。

真っ白な細麺はそうめんと言って良い見た目で、食べてみてもほぼそうめん。
具と呼べるような物もなく、何と言うか、どこまでも引き算された麺物になります。


当然ながら美味しいものではないですが、この独特感は面白いなと。
小さな頃から食べていたら、たまに食べたくなる味になりそうで、なかなか良い体験でした。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム