FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

PATISSERIE LACROIX(兵庫県伊丹市) 

2018/05/03 Thu 13:00訪問
ラクロワ


続いて伊丹市に移動して、1度は行っておこうと思っていた人気のケーキ屋に。

思っていたより小さな店舗で、内装もシックな色合いでどっしり落ち着いた佇まいながら、ところどころに華やかな雑貨がたくさん置かれ、何か独特な雰囲気がありました。

ショーケースに並ぶケーキも華やかながら見た目重視といった感じではなく、パッと見はまずまず好印象。



5品購入。



フレジエ:626円

カラフルな色合いで強めの香りがあり。


ムースリーヌは少しロースト感のあるピスタチオで、その手の物としては風味が強めですが、アマンドアメール系の香りとは少し違うニュアンス。

生地はしっとりしてアーモンドの風味もあり、苺はしっかり仕事され香りが立ち、トップのジュレにケミカルさはなく、下に敷かれたチョコレートも不自然さなく。

洋酒の香りも良く全体的に華やさがありますが、ピスタチオの風味と苺の相性にやや違和感。
ただ、この辺は慣れや好みの問題が大きいなのかなとも思われます。



オペラ:540円


正統派な構成で、ビスキュイ・バタークリーム・ガナッシュと一体感があり、滑らかで口溶け良く。
コーヒーは苦味・酸味ともにしっかりして、チョコレートも負けず劣らずの主張がありとても良いバランス。

味ではなく、量の方で物足りなく感じるほど良い感じでした。



マルジョレーヌ:518円

分厚いプラリネクリームと生クリームに、薄いダックワーズとチョコクリームの層。


ナイフを入れるとムニュッとなるほど柔らかく軽やか。
食感も生地の軽いサックリ感から、クリームは泡のようにしゅわしゅわ溶けていくように。

濃厚なナッツの風味があるプラリネ、ミルキーな生クリーム、しっかり主張してくるチョコレート。
それぞれ力強い味わいですが、全体的な軽さからしつこさはなく、穏やかな美味しさが持続するように。

むせるほどの量のココアパウダーだけ蛇足っぽさありましたが、美味しいお菓子でした。



フランボワジエ:518円


生地はしっとりしてますが歯応えを感じる固さもあり、軽くアーモンドの風味。
フランボワーズのバタークリームは口溶け良く、甘酸っぱさとミルキーさが相まってややチープ感。

普通に美味しく食べられますが、特に盛り上がるところはなく。



カルヴァドス:670円

ドモーリのチョコレートと最高級のカルヴァドスを使用だそう。


チョコレートムースにチョコ生地とグラサージュ、見えにくいですが中央にペースト状のリンゴのコンポート入り。

チョコレートはどっしりしたビターな味とフルーティな香り。
リンゴのコンポートはムースに近いペーストのため分かりにくい食感で、突然酸味が出現するイメージに。

カルヴァドスはコンポートには入ってないようで、土台のふわりとした軽い生地に打っているよう。
品名にするほど印象は強くないですが、鼻に抜ける香りは良く、全体的なバランスも良い感じです。


近辺に他に行くところがないので再訪は分かりませんが、また食べてみたいなと思わせる物もあり、有名店では珍しく全体的に好印象でした。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム