食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

2018初夏旅:最終日 

ぐっすり眠れ、AM4時前に出発で東京から愛知に。

交通量の少ない早朝なら、いつもの湘南に出てから箱根越えの静岡入りより、国道246号を突っ切った方が早いしラクそうなので、今回はそのルートで。

スタートして予想通りの順調な流れ。
車の方は高速道路なのかなーくらいの勢いで流れており、特にストレスなく沼津に出て1号線へ。

神奈川までは曇りで、時間が早かったのもあり気温も低く、下りでは冷えるほどでしたが、静岡に入ると日差しが強く急激に暑くなり。

集中力が切れるまでは休憩なし、あわよくば最後まで休憩なしで帰るつもりでしたが、しばらく進んで静岡市内に入ったところで交通量も激化し、予定より早いのもありちょっと食事でもするかと。

ここまで文字通り朝飯前の170km走行で、全行程の半分以上は終了。
まだ10時過ぎだったので、お店が開いてそうな清水漁港へと。



初め来ましたが、コンパクトながら見どころ多いです。



飲食店もたくさんあり、何か頼めばマグロカツが食べ放題のお店も!



2軒は行かないとカロリー的に追い付かないところ、こちら1発で摂取完了できました。

食事終了し、元のルートに戻るも、昼前にもなると交通量はさらに増大。

パリ空&オギノドーピングで体力は有り余っているので、遠回りになるも海沿いの150号を行ってみることに。
と言っても実際はほぼ海など見えない幹線道路なので、海の見える御前崎の岬の方に行きついでに有名店へ。



準備中になってますが、店を出た後の写真。
つまり閉店間際に行ったのですが、少し待ちでした。



写真では分かりにくいですが、何となくオーダーしたら人生で最も大きい焼き魚を食べるはめに。

ちなみにクエのカマ焼きで1000円。
謎の上乗せ料金取られるんじゃないかと妙な期待してましたが、本当に1000円でした。


食事終了してまだまだ余裕で終盤戦へ。

行きたい所、やりたい事があるとして、「1人でも」行きたい・やりたいのかって、度合いを表すと思うのですよね。
1人ではできない事は別ですが、「1人では楽しくないからイヤ」と言うなら、たいした欲求ではない。

よく言う、「目的」ではなく「手段」って事かなと。

あくまで自分の知る限りですが、自転車が趣味の人も、1人では乗れない人が大半でした。
ましてや長距離・長時間となると、できるは1割にも満たないイメージ。

全然悪い事ではないですが、それはやっぱり自転車に乗ること自体、きっと目的ではなく手段ですよね。

そういう意味では、ですよ・・・

1人で300km以上乗れるって、自転車大好きじゃないとできないのでは?
ましてや、やった事ある人も極めて少ないだろうし、年に何回もやるヤツなんて日本で僕だけかと。

どうやら僕は・・・日本一自転車が好きなヤツの可能性が出てきました。



夏至に近いだけあって、明るい時間に帰って来れました。

まあ、ロングのトライアスロンに比べれば、きっと散歩みたいな運動強度です。

しかし・・東京が近所に感じてきました (・∀・)



2018年6月14~17日
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


スポンサーサイト

category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム