FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

強人ペダル 

ロードバイク用の「ビンディングペダル」と呼ばれるペダルですが、長年サイクリストをしながら、LOOKというフランスのメーカーの「ケオ」というモデルしか使ったことがなく。

本格的に始めようとした時に無難にシマノかなと思ったのですが、ちょうどケオが発売され、やっぱりミーにはスタイリッシュなおフランス製がお似合いざんしょと。

それからは別に変える理由がなく、他のメーカー品との比較は全く分かりません。



数年の間にグレード別に5種類買ってみて、たしか高い物で3万円、安い物で5千円くらい。

同じペダルなのにずいぶん差がありますが、この手の物の「価格差ほどの性能差があるか?」は、実際に身銭を切って買い、しっかり使い込んだ人しか語ってはいけないと思います。

個人的な結論は、その物に差はあっても、走行はたいして変わりません。
身も蓋もない言い方ですが、結局は機材性能より、人間性能の問題です。



で、このビンディングペダルは、専用シューズの底にこんなクリートという部品を取り付けて、ペダルとシューズを固定させます。

なんとも敷居が高そうですが、実は慣れてしまえばどうと言う事はなく、むしろ初心者向け、体力に自信がない人向けなんじゃないかなと。

普通のペダルでは、踏み込んだ時に多少なり足がずれ動きますが、それは力が逃げている事でもあり。
ビンディングなら足が動かない→パワーロスやストレスがない→疲れないと、走行時だけを考えれば完璧です。



しかし、これはマトモに歩けません。
自転車走行時のみ無敵で、それ以外の全ての状況でゴミ以下に成り下がります。

ちなみにこのシューズも定価4万とかですが、4万円の靴が普通に歩く事もできないって・・・
もうね、100円のサンダル履いてる人からもバカにされていい話。



関係ないですが、先日、普段使いできて登山もいけてペダリングゾーンもあり、さらにゴアテックスで防風・防水と、全てを兼ね備えているのではないかと思われるアウトドアシューズを発見しましたが、これでも3万円です。

いやホント・・4万円で歩けないって・・・

きっとガチ勢のサイクリストは、精神状態が異常か、よほど裕福なのかどちらか。
理屈として、独り身は前者で、家庭持ちは後者の可能性が高いと思われます。



で、今の自分の自転車の楽しみ方として、歩けない靴を履くわけにはいかないので、こんなペダルを。
フラットペダル+トゥクリップ+ストラップの3点セット。

つま先突っ込んでベルトを締めての固定で、たぶんビンディングの10倍は技術が要ります。

全く固定できないフラットペダルだけでも良いのですが、長距離はキツいですね。



試しに先月、こんなビンディングがフラットに変身!部品をつけて、長野まで山越えの往復260kmとかやってみたら、途中でちょっと泣きそうになり、早々と念のため持参していたビンディングシューズに履き替えました。

しかしまあ、久しぶりのビンディングは長距離もチョロかったですが、4万円で歩けな(略)


という事で・・

フラットペダル+トゥクリップ+ストラップの3点セット。
ソールも固めでグリップ強く、条件不問で動けるトレランシューズ。

現状では、この組み合わせがエンジョイ勢としての最適解です。


スポンサーサイト

category: 機材・用品

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム