FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ギフテッド 

人生で最も輝いていた時期は?

・・と、考えても、そんな時期は一度もないですが、ずっと日陰にいながら、うっすらとでも光が差していた時があるなら、20歳前後に格ゲーに打ち込んでた頃だろうなーと。

その当時は大ブーム、であるがゆえゲーセンには常に上級者しかおらず。
新規や初級者が気軽に入れる環境ではなく、必然的に一気にブームは終焉を迎えました。

しかしそれ以降も、その状態がどんどん濃くなっていったようで、現在はかなりイッちゃってます。
約20年ぶりにやり始めた時、ちゃんと上手い人たちが下位ランクでひしめき合っておりビックリしました。

なので、今から新規で格ゲーを始めて上級にいくのは、それなりの努力だけでは不可能です。

「いやいや(笑)、ゲームやるのに努力って、お前・・(爆笑)」

というのが一般的な感覚と思いますが、格ゲー界はそんな極めて少数派の変人しかいないよう。
そして、周囲からそう思われても気にせず続けられるメンタルを持つ変人なので、まあ人間強度高いです。


そんな世界に再び飛び込んでみて・・

もう今では自分より上手い人・強い(勝てる)人は大勢いますが、人間性能的に自分より凄いと感じる人は、正直言っていないかなーと。

ああ、俺にも1つだけあったんだな・・天からの贈り物が・・・と、改めて気付かせてくれました。

しかし、今のゲーム性では、それは必ずしもプラスの要因だけでなく。
守備範囲が広すぎるがゆえにエラーも多くなる、みたいなケースがままあります。

実際に大きな大会で勝っている人は、常人離れした反応ができるタイプでなく、丁寧に堅実にみたいなタイプが多いのですのよね。


そんな部分にジレンマを感じつつも、そろそろ大会も出てみればワンチャンあるかなと思い、そこを来年の目標設定としてましたが、よく考えたら別に勝ちたいわけではないのですよね。

知識を得たり技術を高めたり開発したり、日々進歩していくのが目的で、勝敗は重要ではない。

実際に、たまに「こう攻めれば簡単に勝てそう」という噛み合い方の相手もいますが、そう悟ったらそれはやらない、それで勝っても得るものはない、面白くもなんともない。

自転車レースなんかもそうですが、結果だけ求めると、良からぬ事を考えるチンケな人間になりかねない。
何より、ただ勝つ事だけを目的にしていると、純粋な楽しさが失われます。


今年1年改めてやってみて、才能やセンスは別として、格ゲーって楽しくて仕方ないんですよね。
合っている・向いているって、こう言う事なのかなと。

それをつまらないものにしたくないし、今後も長く楽しんでいきたい。

ひそかに世界一を目指してましたが、一区切りつけまして、来年はエンジョイ勢に移行です。


スポンサーサイト



category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム