FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

BeerBar うしとら(東京都世田谷区) 

2019/03/05 Tue 20:00訪問
ビアバー うしとら


下北沢でちょい飲み。

栃木に醸造所があるブルワリーで、とても興味深いラインナップなのですが、通常での販売はなく一部の飲食店でしか飲めないよう。

こちらは直営店で、この日は自社ビールが8種、他社のビールも15種ほど用意されており。



イースト・グリーン・ペールエール

13周年記念醸造品。
マイナーでマニアックな地ビールを、特に宣伝もなく13年もやってるんだ・・と。

柑橘よりはマスカット系の爽やかな甘みある香り、飲み口も刺激弱めでとことんフルーティ。
後味にはペールエールらしい苦みもあるも、どちらかと言えばセゾンのようなスッキリした味わい。



ヤバイダブルIPA

濁りが強めで、柑橘よりはマンゴー系のトロピカルな香り。

口に入れた瞬間に強烈なホップの苦みと香り、しばらく持続して、最後は糖類を思わせるような甘みでフィニッシュ。
アルコール8.5%らしいですが全くそう感じさせない綺麗な余韻。



アボカドの刺身風

当たり障りのないものを。



ヨブの涙は蜜の味

凄い名前で、かなりレアなベルジャン・トリペルというジャンル。
半分しか入ってないですが飲みかけではなく、原価かかってるので少量にしての価格調整のよう。

香りはなんとも独特で、しいて例えるならハニートースト。
飲んでみるとほんのりした苦味、直後にガツンと甘酸っぱさ、後味はメープル系の甘み。

ヴァイツェンとセゾンを合わせたような感じですが、ホップよりも不思議なモルトの風味が強く、何か分からず聞いてみたところハトムギ使用だとか。

アルコールも9.2%とかなり高めで、強烈に印象深い味です。



はとぽっぽエール~リアルエール~

シトラス系にトロピカル系、フローラルな香りも。

フレッシュなリアルエールの柔らかな口当たり、フルーティな甘みとグレープフルーツ系の苦味、麦の香ばしさ。
先のビールを飲んだ後なので分かりましたがハトムギの風味があり、あーそれでハトポッポね・・と。


もっと気軽に買えて家でも飲めれば良いのになーと思わせる魅力的な味わいのビールでした。


スポンサーサイト



category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム