FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

CINQUE(愛知県豊川市) 

また近所飲みに。



あ、飲み屋ではなくバル風イタリアンです。



志賀高原ビール・ハバネロIPA

誰も飲まないのかまだ在庫があり、日本中の飲食店でここだけ残っているのかもしれません。
ネタや罰ゲーム的な激辛モノと思われてますかね?辛いのが苦手な僕でも美味しく飲めます。



チーズはその時にあるものを適当に見繕って、盛り合わせにしてもらえます。



うちゅうブルーイング:ホワイトホール

宇宙からはブラックホールならぬホワイトホール。
ヘイジーな淡いイエロー、いろんなホップを大量投入している事を伺わせるフルーティな香り。

果汁を思わせるようなジューシーさと甘みで、過剰とも言えるホップ感がありながら後味は驚くほどスッキリ。
ラベルにはダブルIPAとありますが、無限に飲んでいられそうな危険な旨みです。



箕面ビール:シーズナルビール

数日前に家でも飲んで記事にも上がってますがこちらでも。
もの凄くフルーティでジューシーさのあるIPAですが、上の物に比べるとどっしり感じます。



生ハム10枚。専用スライサーのような機械があります。



伊勢角麦酒:インペリアルレッドエール

生ハムですが、今回も肉料理にはにはこちらを。
黒ビールではなく、言うならば赤ビールで、濃厚すぎるコクがあります。



ちょっとハマってるいぶりがっことクリームチーズは2人前+α。



伊勢角麦酒:プレミアム神都麥酒・1年熟成

神都麥酒というビールを1年発酵熟成させたレア物。
ツンとくるような甘酸っぱい香り、まったりと深みあるコクから熟成によるモルト甘みは強烈に。

ちなみに通常販売でも800円ですが、こちらは1000円で提供してます。



伊勢角麦酒:プレミアム神都麥酒・3年熟成

こちらは3年モノ。
ほぼ炭酸は飛び、原色をなくすような濁り方で、香りはレーズンとかそんなイメージ。

イメージは飴を舐めているよう甘み、それからたっぷり洋酒漬けされたドライフィグ。
原材料は麦芽とホップのみでありながら、酵母の力でここまでの味の変化は、神々しさすら感じます。



バーニャカウダー

春を感じさせる野菜の構成に。
無農薬野菜で、何も付けずに美味しく食べれる力強い味わいがあります。



ソングバードビール:サマーポーター

季節を先取りしすぎて夏用に作られた黒ビールも。
千葉の超小規模ブルワリーで、必要事項のラベルしかないほどの手作り感。

刺激弱めで、優しい甘みと苦みが持続し、イメージとしてはアイスコーヒー。



自然派ワイン、イタリア語で5は店名でもあるチンクエ。

フリュイルージュ系の香りがあり、やや辛口で強めの酸も。
スパイシーにも感じる強めの果実味がありつつ、飲みにくい感じもなく。



香りも口当たりも軽やかで華やかなロゼ。
ロゼとしては奥行きも感じるようなしっかりした味がありつつ、スイスイ飲めてしまう爽やかも。



香りも味わいもどっしりした印象の入りから、素朴にも思えるようなあっさりした余韻に。
果実味・甘み・酸味がとてもバランスが取れたイメージで、1本飲むならこれで良いかなと。



だんだん記憶も怪しくなってきてましたが、これは重苦しさを感じてピンとこなかったですね。


一般的な「飲みに行こう」は「遊びに行こう」の意味が強いと思われ、酒の味なんかどうでも良いのだと思われますが、僕は酒を味わうために飲みに行きます。



スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム