FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

八戸苺タルト2019春 

タルト・フレーズは店売りでも出てますが、八戸苺Ver.は特別枠で1台物。
冬の入りから春にかけて3度ほど出せれるようで、今回初めていただけました。

八戸苺という品種ではなく、八戸産の苺という事になりますかね。



ドーンとたっぷりなイチゴから、ドカーンと爆発的な香り。

イチゴそのものの香りが強い上に、強力なマラデボアのジュレがたっぷりで強烈なファーストインパクト。
さらに奔放に広がる香りのセカンドインパクト、さらに・・と、香りだけでずっと楽しめそうな勢い。



凛とした美しさがあり、エネルギッシュさも感じられる佇まい。

当然ながら衝動に耐えれず、トッピング風に乗せられたナパージュがけされてないイチゴを頬張ってみると、ほどよい固さから豊かな甘み、程度な酸が調和しながら、終始感じられる香り高さ。

何かが突き抜けるわけではないものの、足りないものが一切なく、イチゴの良い部分だけを凝縮したようなとてもバランスの良い美味しさ。

正直、あまおうより美味しいって本当なのかなと疑ってましたが、一般的に出回っているあまおうでは適わないレベル。



お馴染みのピスターシュのダマンドは若葉色で、どこか春の気配が一層引き立つように。
ややアロマティックな方向ですが、一口目に鼻の奥にツンと来るタイプではなく、ナチュラルな豆感がどっしりと。

タルト生地はザックリ香ばしく、直後にダマンドと共鳴しながら溶け合うような一体感。
その和音がイチゴとも重なり合い、絡み合う味と香りはどこまでも昇華し、そのまま昇天してしまいそうな余韻。

う・・うめぇ・・・と、まさに唸ってしまうような美味しさ。
タルトフレーズ自体は何度も食べており、目新しさはないのに、思わず唸ってしまった素晴らしさでした。


しかし青森がイチゴの名産地とは聞いたことないですが、恐るべし八戸。
よし八戸に行こう、1000kmくらいかな?自転車だと4日かかるな・・10連休では足らんな・・・

などと、ちょっとその向こう側にも思いを馳せてしまう1品でした。


スポンサーサイト

category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム