FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

らーめんハウス 大将(愛知県豊橋市) 

豊橋のはずれの方に。



昔ながらのラーメン食堂で、10年以上ぶりに行ってみました。



自称豊橋2位です。



ラーメンは醤油・塩・味噌2タイプの計4種に、各種トッピング別。
いかにも大衆食堂系のメニューですが、実はかなり素材にこだわっているお店。

厳選した水・小麦粉・調味料を使用し、自家製麺に無化調スープと、昨今のチャラいラーメン屋が得意げにアピールしている事を、ずいぶん昔から当然のようにやられているそう。



しょうゆチャーシューめん(手もみ麺):810+50円

どんぶりがデカい!
そして、無意識にワカメトッピング・ネギ増しオーダーでもしちゃったかなーと思うビジュアル。



スープは動物系と魚介系がバランス良く感じられ、すっきりした和風出汁といったイメージ。
あっさりした中に徐々に響いてくる奥深さもあり、ゴマ油の風味が勢いをつけるように。

麺にはほうれん草が練り込まれ、手もみ特有の不規則感は弱めでシンプルな食感。



チャーシューは見た目のイメージに反して、しっとりして醤油味もしっかり染み込んでおり。
歯応えの良いメンマにケミカルな匂いはなく、全体を落ち着かせるワカメの存在も際立って。

ホッとするような懐かしさがありつつ、グッと響くような味わいもあります。



渥美半島3周とか良く分からない事をした身体に、良質なたっぷりのスープが染みわたりました。

ちなみに、どんぶりが大きいって事は、その分スープをたっぷり入れる必要があるわけで、当然ながらラーメン屋はスープに最もコストをかけているはずです。

しかし昨今のチャラいラーメン屋はどんぶりもチャラく、おそらくスープを少なくしようと考えたデザイン。
店によってはこちらの半分以下の量しか入っておらず、1杯のコストもだいぶ違うだろうなと。

個人的にラーメンの器が大きいお店は、店主の器が大きいと考えてます。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム