FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

サンドイッチ編その2。



エスパドンのニース風:850円


引き締まった肉質からは鶏ムネを連想させる歯応えと風味。
味は淡白ヘルシー系かなと思わせつつ、次第にサラリとした上品な脂乗りが伝わってくるようなイメージ。

気品ある香りのサフラン、ドライトマトやスパイス・ハーブのアクセントで、スッキリしながら味わい深く。



桜ぶりのタジン:850円


ブリは桜色だったか分かりませんが、身の詰まった食感とさっぱりした味わい。
タジンの味付けはスパイスの香り良く、野菜の甘み、フルーティな酸味、レーズンのアクセントと華やかに。



銀タラ八戸風:850円


白身魚と思われますが、溢れるような脂乗りで、皮目からは強烈なコラーゲン感。
味付けはマヨの入りから、奥深い醤油風味の中盤、少し濃いかなと感じる終盤からスッキリしたキレ味に。



豚ハツペッパーハム:650円


コリッ・ギュッと独特の反発感からスッと歯切れ・・しそうでグニッと跳ね返されたりのリズミカルな食感。
淡白に感じるほどあっさりして、どこかミネラル感を思わせる味わい。


魚も内臓も好きではないですが、こちらではだんだんと楽しみになってきた近頃です。


スポンサーサイト

category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム