FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

2019GW旅行:2日目 

2日目は淡路島のもう半分の南側を。

そこそこ大きな島なので、自転車に乗る事だけが目的なら1日でも良いのですが、そうでないなら2日は必要。
そもそも自転車に乗りたいだけなら、時間とお金かけて遠くに行かず地元近辺で乗るって話で。

と言いつつ、明日から3日連続雨予報で、今後のプランを練り直す必要があり、今日は短縮しての行動に。


兵庫側から徳島側のエリアに車で移動しつつ、途中で早朝からやっている淡路島で一番人気らしいパン屋に寄ってから新たな拠点に。



かなりの山奥にあるサイクリングターミナル。
レンタルもあるようですが、ここから自転車に乗る一般人はいないだろう場所にあります。

出発前に山奥で朝食を。



発酵バターのクロワッサン。

こんなような品名を使っているお店はけっこう多いですが、マーガリン混ぜているお店に初めて当たりました。
決して偽装ではなく、半分くらいは入っているからOKと言う事なのですかね。

食べ物の好き嫌いは人並みにあっても、全く食べられないほど苦手なものはなく、基本的に何でも残さず食べますが、さすがに健康を害しそうな物は罪悪感なく捨てます。



近くにダムがあったので寄り道。

地図上ではすぐ横でしたが、ダム特有のなかなか険しい道のりで、峠オタクはとりあえずダム行った方が良いです。



発射台みたいな坂道をいくつか越えて、まずは10時から営業しているお店に。



淡路島カレー・・食べた感覚からは特徴が何なのかよく分からず。

それから島の最南端方面へ。



チューブなど補修用品の自販機を置くカフェへ。
いろいろ予定変更しても、ここだけは行くべきお店。



サイクリストの端くれとして、淡路島に来ながらここに寄らなかったら、いろんな意味で道を誤る事になりかねません。



淡路島ロコモコ。
ええ、見ての通りのごちそうです。たいていのサイクリストはこれで満足するはずです。



近くの大人気らしいジェラート店へ。
黙ってても売れる観光スポットにあり、確実にスベると思ったら、意外とスベりませんでしたスイマセン。

少し移動して、昨年オープンした本格志向を謳うジェラート店にも。



こちらは住宅エリアにあるカフェ系のお店という微妙な感じ。
これはスベるかと思いきや、味は弱いものの、珍しく水っぽさや氷っぽさのない口当たりの良い物でした。

前日と一転してチャラい食事でまとめ、なんだかんだで淡路島の飲食はそれほどスベらず終了。



海沿いを一切走らない極め方。

淡路島ってお店や施設はサイクリストに優しくて歓迎ムードありますが、道路の面では全く配慮されてません。

最近いろんな所で増えてきた走行ラインも引かれておらず・・と言うか、路肩がないほど道端が狭い区間が多く、引きようがない感じ。

僕はいろんな地域の島や半島を走ってますが、淡路島の外周部道路の圧迫感はトップクラスです。



で、オススメは山間部の中央突破。
ジグザグしながら最北端~最南端往復すれば、約250km・3000Mアップ近くになるのではないですかね。

ガチ勢集団もそれをやったらカッコいいかと思われます。


そして淡路島を後にし、続いては四国4県を。

予定変更で徳島は通過だけになってしまい、それでは行った事にならないので食事を1軒だけ。

海岸沿い&国道沿いにある、大箱で通し営業の海鮮食堂へ入って、何も考えずおまかせ定食とやらをオーダー。



攻めたつもりが守りに入ったような感じに。
しかし2千円の定食なんだけど・・これ誰かと間違えられてないかなと思いながら食べてると・・



だいぶ遅れて刺身が・・多いわ!
ハマチだそうで、臭みは全くない代わりに味もそんなにないかなと。

そしてうどん県に入り、せっかくなので有名どころを。



予想通りではあり、うどん屋なんてそこら中にあるのに、さすがに1時間以上並べない。



まあ、こういう物がある時点でアウトですが、ネタと思って添加物まみれのお土産用を買っておくことに。
もちろんお土産用であり食べませんが、誰か要りますかね。

あ、ひょっとして実店舗で提供している物も加工デンプン入り麺だったりしますかね?
ここで修行したという豊橋の超人気店も、その事実は隠した方がよいレベルの原材料です。



で、どうしようかなと思うも、俺には途中で仕入れたあわじビール&さぬきビールが待っているぜと、今晩もナッツとビールの夕食で2日目終了です。


スポンサーサイト

category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム