FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

OGINO(東京都世田谷区) 

2019/05/16 Thu 18:30訪問
オギノ オーガニックレストラン


この夜はレアケースで急遽東京にて肉を食べに。



ホワイトアスパラとベーコンのカルボナーラ仕立て。

いきなり1皿で食事完了みたいな量が来ました。


カットされた極太のアスパラがゴロゴロと。
柔らかく仕上げられ、ジャキッとした歯切れからみずみずしく滲み出るような甘み。

自家製の無添加ベーコンの旨み、大量に使っていると思われる卵黄・チーズ・クリームの濃厚なコクのソース、黒コショウの適度な刺激と、全てがアスパラの良さを引き立てるように。

ホワイトアスパラは柑橘きかせたソースが好みでしたが、この重厚感をガツガツいくのも良いです。



ブーダンノワール

豚の血の料理で、ソーセージは食べたことありますがテリーヌは初めて。


滑らかな口当たりから、優しい甘みで押すイメージで、薬味的な香味野菜のアクセント。
クセのある内臓系のコクを、りんごのピュレで爽やかさを加えて、濃厚かつスッキリとした全体像に。

血と聞くと敬遠されそうですが、もちろん調理にもよると思われるも、確実に内臓そのものよりもクセはないかなと。
むしろ、肉食って脂肪食って内臓食って骨もしゃぶるくらいなのに、血は嫌だとの考えがおかしいまであります。

このブーダンは何ならこれがデザートでも良いくらいの味でした。



パスチャーフェッドビーフ リブロースのステーキ

栄養価の高い牧草を食べて育った放牧牛で、リブロースの中でも最上級グレードの物だそう。


極厚の肉にたっぷりのソース。
他に必要な物は何もない、美しすぎる1皿。


この厚みでもさすがの火の入り方。

食感は場所によって違い、基本は力強くザクザクと、しなやかな柔らかさの部分もあれば、繊維質なミシミシした固さ、ゴリゴリする部分もあったり、脂身でジュワッとしたりと。

綺麗な牛の香りがあり、通常のグラスフェッドほど草っぽい匂いもなくナチュラルに感じる旨み。
これが本来の牛の味なのかなと感じる味で、たとえ1kgでも重苦しさなく余裕で食べれそうです。



苺のマリネとクレーム・ダンジュ

見た目で分かるほど熟しきった苺をさらにマリネして、香り立ちはとても良く。
フロマージュブランのミルキーな甘みとコク、フランボワーズアイスの酸味とのバランスも絶妙に。


今回もとても厚みのある食事でした。



ちなみにまた新しい本の出版があり、なんと300ページもの豪華本です。



ガチなフランス料理なので、専門的過ぎて家庭で作るのはムリですが、なぜかハンバーグやグラタンなどの洋食レシピも載っており、そっちはいけます。

別に料理しなくても、これまで食べたことのある料理はこんな風に作ってたんだーとか、これは1度食べてみたいなーとか、いろいろと楽しめます。



料理本はオギノ本だけあれば充分です。


スポンサーサイト

category: オギノ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 1   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム