FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

堀川(高知県高知市) 

2019/04/30 Tue 18:00訪問
堀川


夜は居酒屋風のお店へ。

いったん予約満席と断られかけましたが、繋げて対応のテーブルが1卓余ったようで入れてもらえました。
「高知の地酒と生カツオ」のお店という事で、目的としてはドンピシャであり幸運です。



桂月 吟之夢

お酒のラインナップは豊富で、日本酒で30種類ほど、なぜかワインやカクテルもたくさんあり。
ほとんど聞き覚えのないものばかりで、とりあえず最も高いもので、それでも1合千円ほどだったかなと。



かつおの食べ比べセット2人前

4種類のカツオメニューで、1人前1切れで対応されるよう。


もちろん完全な生のお造り、生鰹を初めて食べる事に。

真っ赤な身に銀ギラの皮まで付いてちょっと抵抗があるも、食べてみると濃厚な旨みとスッキリした後味。
少し粘り気のある食感ながら、いかにも固そうな皮目の方はしなやかで、湯引きとかしてますかね。


安定の塩タタキ。
あえてワラ焼きしないとの事ですが、その辺に興味はなく。


タレバージョン。
ポン酢系ですが、ちょっと凡庸感が出ますね。


土佐ヌタなるもの。
豆のペーストかと思ったら、ほんのりニンニク風味の酢味噌みたいな感じ。

これはとても面白い味で、いろんな物に合わせてお手軽にパンチきかせた料理になるのではと、物販店で瓶入りの物を数個買ってみました。

ちなみに何の緑なのだろうと思ったら、葉ニンニクを使っているよう。



ウツボのから揚げ

プリプリした歯応えとゼラチンを思わすような口当たり。
美味しさは良く分かりませんでしたが、海のギャングを食ってやったぜ的な征服感があります。



クジラの竜田揚げ

カラッと揚げられてジューシーに、下味だけで充分な肉の旨み。



同じお酒を冷→温→熱と飲んでみましたが、けっこう印象が変わって面白いです。



かつお塩タタキ

最後にこれをガッツリいかなければ、高知の1日は締まらないかなと。
やはり旅先では郷土料理と地酒だなーと。

そしてどうでも良い話ですが、平成最後の食事でした。


スポンサーサイト



category: 四国

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム