FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

奥三河製麺(愛知県新城市) 

いまや新城市最大の観光スポットである「道の駅もっくる」内のお店。



いつから名物になったのか、看板に新城名物「猪ラーメン」を掲げており。
道の駅の運営ではなくどこかが出店していると思われますが、正確な詳細は不明。

ちなみに施設内の飲食店は、このラーメン屋の隣にビュッフェ形式のお店があり、モーニング営業の卵かけご飯は行列ができるほど人気だとか。



基本メニューは猪ラーメン、豚骨ラーメン、鶏そば、鹿カレーの4種。
さらに最近は1日10食限定で熊ラーメンが出ているとの事で行ってみました。



熊骨ラーメン:1200円

ツキノワグマの肉と骨を使用だそう。


熊肉が3枚乗っており、獣臭さという感じではなく、野性味のある強い匂いを放っており。

ペラペラに近い薄さでカリカリに焼かれており、その状態からは想像できない跳ね返されるような弾力があり。
臭みはないものの味が濃く、脂身は強烈なパンチがあり、動物としてのパワーを感じられるイメージ。



麺は博多豚骨ラーメンに良くありそうな細麺で凡庸に。

熊の骨で出汁を取られたという塩スープはそれほど特徴もクセもなく。
わりとサッパリしてまろやかな旨みがありますが、次第に肉からの脂が染みわたるとコッテリスープに。

まあ、さすがにガチなジビエ料理ではなく、あくまでも観光スポットの飲食コーナー。
チェーン店っぽい化調主体のスープで、熊そのものである肉片だけインパクトあり。

なお、食べたのはだいぶ前ですが、猪ラーメンの方も醤油ベースで同じような方向性でした。



ちなみに物販の方ではこんな物も。



ししコロッケ:200円

味の濃い肉が入ってますが、この量だと何なのか分からず、メンチカツの方が良さそうです。



くまコロッケ:280円

スパイシーな熊肉とありましたが、スパイス入っているので肉がスパイシーかは分かりません。



ついでに冷凍品コーナーも。



美味そうな肉がいっぱい売ってます。

ジビエラーメンの方は微妙ではあるものの、どこでも食べれるものなら家か近所で食べれば良く、卵かけご飯に並ぶよりは意味があるかと。

好奇心がないのなら、この先の人生で美味しい物にはありつけないと思います。


スポンサーサイト

category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム