FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

CINQUE(愛知県豊川市) 

鹿肉が入ったとの事で。



今後の安定供給のために、大阪から本州鹿を一頭レベルでの仕入れらしく、こんな田舎で大丈夫?と、心配になるほど攻めてます。



うちゅうブルーイング:宇宙GOLD

希少ホップ2種を大量に使い、感じられる香りはオレンジ、キウイ、パッション、桃にライチまで。
味の方はジューシーな甘みと穏やかな苦味で軽さがあり、完全に香りに特化したビール。



ピクルス。



志賀高原ビール:一切皆苦

15周年記念の限定ビール。

柑橘やトロピカル系のパッとした明るさのある香り、ジワリと甘みと苦味が広がり、スッキリした余韻。
品名のような重苦しさはなくとてもクリアで、なおかつしっかりした味わい。



鹿のフリット。

衣に油っぽさは全くなく、気持ち良いサックリ感とメレンゲのふんわり感。
鹿肉は前モモ肉だそうで、ミシリと引き締まった脂肪皆無の赤身の旨味。



志賀高原ビール:House IPA

華やかすぎるシトラス香、どっしりした麦のコクと甘み、湧き上がるようなホップ苦味。
アルコール8%ですが、飲むペースを抑えれないほどの美味しさで、これぞ最上級のダブルIPA。



鹿のロースト。

こちらは後ろモモだそうで、脂肪を一切まとわない真っ赤な超美脚。
柔らかく仕上げられクセのない風味で、食べたことのある鹿の中でも味も食感も上品に。

ちなみに鹿は系統で言えば牛肉に近いですが、スーパーで売られている一般的な牛より確実に臭みはないです。



今後はこちらでワインも1日1本お勉強。


いつも同じメニュー、同じレシピでは永遠に現状維持。
現状維持では何の楽しみもなく、それを良しとしない攻めているお店にこそ通いたくなります。


スポンサーサイト



category: チンクエ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム