FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

店売りの初夏のタルト編。



タルト・エレール:850円

陳腐な表現で失礼しますが、まるで宝石のように美しすぎて食べるのがもったいないほどに。


プチュッと噛んでフレッシュな香り、ナパージュもあってか酸味より甘みが勝つようなバランス。
フルーティな風味を引き上げるダマンド、エキゾチックにも感じるココナッツと合わさり、妖艶で魅惑的な味わいに。

ちなみにエレールってクランベリーと思ってましたが、どうも考えても違うなと。
こちらの仕入れている物だけと思いますが、ミルティーユとブルーベリーが別であると同じイメージで違います。



タルト・シトロン・アンシエンヌ:750円

意味は分かりませんが、今回はトワザグリュームという仕様。


ピールたっぷりのクリームで、ザクザクと小気味良い食感。
今回はレモンだけでなく、オレンジ系やライム系の柑橘も入って華やかさもアップ。

甘酸っぱさは穏やかで、渋みにも感じるビターなレモンの味わいが主体のイメージですが、タルト生地の粉やバターの伸びやかな風味、ビシッときいた塩気と絡み合うと、とてもふくよかな盛り上がりをみせます。



赤リュバーブとマラデボア:850円

赤リュバーブにはボテッとマラデボアのコンフィチュール。


マラデボアの充満するような濃厚な香りで入って、次第にダマンドや生地の旨みが押し返す感じに。
リュバーブは完全に存在感を失くすかと思いきや、後半にかけて尖ったような酸味が際立って主張。

赤リュバーブとイチゴは色合いの問題かなと思いましたが、香りも似たような要素が感じられます。



青リュバーブとピスターシュ:750円

昨年はキウイがトッピングされてましたが、今回は単独で。


リュバーブが何であるか謎に感じてしまう果実的な香り、ピスターシュの風味もまとってハッとするほどの芳香。
柔らかな甘酸っぱさの気品ある味わいで、視覚からのイメージも含めて、赤に比べると爽やかな全体像に。



さくらんぼのクラフティ:650円

究極の浅焼きで、真っ白な生地がまるで陶器の器のように。


生地はホロホロッと軽やかに崩れ、全体的に緩い質感に。
アパレイユは良くある安っぽいプリンみたいなものでなく、穏やかながらジワッとふくらむ玉子とミルクの旨み。

グリオットはギュッと噛んでふわりと華やかな甘酸っぱさ、飲み込んでこみ上げるキルシュの濃厚な香り。
見た目もさることながら、味の方も元々そうであるかのような一体感。


時間差攻撃も含め、一口ごとに違う表情が見られたり、入口と出口ではまた違った世界観を味わえるお菓子です。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム