FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

2019/06/30 Sun 13:00訪問
べべ


6月末の訪問で、気付いたら約半年ぶりになってしまいました。



たくさん買おうと思うも、恥ずかしながら手持ちが少なく4つだけ。



バナーヌ:594円


ビスキュイからはグラニテがカリカリと、シナモンがわりと主張強めに香って。
バニラ香るムースリーヌはカッチリしながら口溶け良く、完熟バナナのまったりした甘みをラムが引き締めて。

食べ始めはシナモン強いかなと思いましたが、食べ進むと他の味わいが押し返しながらまとまるイメージに。

「ゴッホの~」に比べると落ち着いたトーンに終始し、明るさや鮮やかさがないため分かりにくさもありますが、1つ食べ終わる頃にはジワジワ響いてくるタイプかなと。

もちろん好みがあるので誰もがそうではないですが、個人的にはけっこうきました。



レクレアスィオン:702円


濃いブラウンの生地からは、いくつものエピスが絡み合ったような妖艶な香り。
こちらも香るアブリコ&ピスターシュのムースに、果肉のアクセントも加わり、とても魅惑的な味わいに。

落ち着かないほど複雑な味でもありますが、メレンゲが優しく包み込むような役割で、良い感じに収束します。



ロワイヤル:632円


ブランマンジェ風の香り良いアーモンドムースに、みずみずしい桃とオレンジ。
ビスキュイ生地も含めて気品ある味わいを、こちらはそれらを引き立てるようなメレンゲの存在感。

まろやかで柔らかみがあり、ゆっくり馴染むように体内に染み渡るような美味しさ。



シュー ア ラ クレム:432円


美味しい生地&たっぷりの美味しいクリーム、このお菓子にそれ以上は不要。
仮に他所の200円くらいのシュークリームを何個食べても、これ1つと同等の満足感は得られないはずです。


材料費や手間のかかる生菓子はコストが分からず、単価だけ見ると高いと感じるかもしれませんが、シンプルなシュークリームや焼き菓子のクオリティを考えると、実はかなり良心的な価格設定のお店であることが分かります。

個人的には、愛知県のパティスリーと名の付くお店で、最もコスパの良いお店だと思っています。


スポンサーサイト



category: べべ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム