FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

東京庵(愛知県豊橋市) 

東三河では誰でも名前を知っているくらい有名な麺処。
明治からの老舗で、創業130年以上にもなるそう。



で、ありながら、実は今まで行ったことがなく。

そこそこ近所にも支店があるのですが、国道沿いに広く立派すぎる店舗が胡散臭かったり、そもそも東京って何だよと思ってたり、何となく行きたくない感がありまして・・

まあ、食べず嫌い&行かず嫌いは良くないので、どうせ行くなら豊橋の本店にと。



メニューは何でもあり。

何を選んでいいのか分からないほど何でもありますが、悩むことなくこの夏は海老おろし。
生蕎麦の看板を掲げているので、うどんではなくそばの方で。



この事実を知ったのは、そんなに昔ではないかなと。
ついでに20歳くらいまで、このお店も東京"湾"だと思ってました。



やけに緑の濃いお茶と、たっぷりのネギが用意され、うずら卵用ハサミは最初からテーブルにスタンバイ。

ちなみに日本のうずら卵の半分以上は豊橋産で、ざるそばのつゆにうずら卵を入れるのも、もしかしたらこの地方だけだったりしますかね。



海老おろしそば:1350円

何だこれは・・・



いやいやいや・・こんなのは頼んでないぞ・・・
巨大な海苔にナメコ山菜おろしって、そばも見えないし、大根おろししかオーダーが合ってません。



天ぷらセットは頼んでないのに、ニンジン・サツマイモ・ナス・大葉・・・海老が見えません。



蕎麦湯も用意され、おろし皿に本ワサビ、ご飯類ないのに漬物、デザートのスイカまで。

と、どう考えてもオーダーからは予想できない物が。



これでエビが無かったら面白いのですが、残念ながらちゃんとありました。



これでそばが無かったら面白いのですが、残念ながらちゃんとありました。

黒みが強く太めのそばは、香りも弱ければコシもなく、固めでゴワッとするのでのど越しも良くはなく。
つゆは単体ではかなり甘めで、たっぷりの大根おろしとワサビで調和する感じに。

しかし食べさせる力は強く、たっぷりの天ぷらも含めて、そば単品メニューとしては相当なボリュームです。

ちょっと素材的な事で気になった部分もいくつかありましたが、もしそれが想像通りであるなら商売として上手いなと。

大衆食堂としては不満はなく、気が向いたら豊川の方にも行ってみようと思います。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム