FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Dessert 

またまた頂きましての7月分。



測ったように精密に作られるお店も多いですが、こちらは特にその印象が強いなと。
もっとも店ではないので、なおさら几帳面な作り手さんなんだろうなと想像させます。



バタフライ

イチジクの蝶を羽ばたかせて。


サックリふんわりなビスキュイからココナッツの香り、トロピカルな香りのクリームとブリオッシュ。
マンゴーやパイナップルなどパッと明るい風味と、軽いスパイス感が鼻腔をくすぐるように。

かなり複雑な構成でも、ただ華やかで美味しい!という感覚で、複雑なのにシンプルに美味しいお菓子は良いです。



クレール

チョコレート生地にホワイトチョコクリーム、フランボワーズムース。


良くある構成と思ったら、ホワイトチョコはオレンジ香らせて意外にも爽やかな印象に。
チョコレートの甘みと、それを引き締めるフランボワーズの酸味、明るさのあるオレンジ。

フランボワーズショコラは食傷気味みたいなところありますが、オレンジ入るだけで変わるものだなと。



ル・クリオロ

ドーム型のチョコレート。


これも良くありそうなものと思ったら、チョコムースの中にバジル風味のババロア。
食感は軽やかで、バジルの香りで味わいの方も軽快なイメージに。

初めて食べる味でいまひとつピンときませんでしたが、また食べてみたい感覚ではあります。



ケック・サレ

ベタ付かずジトッとした生地で、チーズにトマトにオリーブにバジルに・・
何が入っているかはどうでも良いくらい美味しく、これを延々と食べながらビールを1日中飲んでいたいです。


今回は全てオリジナルですかね。

線をなぞるだけなら、素人の僕でも拙いながら可能ですし、何度もやれば少しは上達も見込める。
逆にどんなに熟練度やセンスがある人でも、なぞってるだけで原型より抜きん出た物にはなり得ない。

現状維持を目指している物には何度も魅力は感じられず、そういう意味で、今回はとても新鮮で面白みもあり、魅力的な回でした。



スポンサーサイト



category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム