FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

2019/08/07 Wed 19:00訪問
ブランジュリー パリの空の下


マイヨ・ジョーヌ色が綺麗になりました。



クロワッサン:400円

一切の飾り気なく、それでいて美しく。


齧り付きたい衝動を抑えきれない断面。
クロワッサン1品に限れば何百ものお店の物を食べてますが、同じような層は見たことがなく。

繊細かつ大胆な噛み応え、その特徴的な食感をも追いやってしまう圧倒的な旨みの塊。



メタボクロワッサン:450円

今回もおこぼれを頂けて。


こちらはさらにバターの層まで出現。
生地の美味も力強い食感も、さすがにバターに押されますが、まだギリでパンとして成立される味わい。



ヴィエノワーズ・ショコラ:350円

この日はパンオショコラがなくこちらで。


心地よさも感じる小麦の風味で、ナチュラルに綺麗な旨みの生地。
こちらも惜しみなくバトンショコラ3本で、有無を言わさぬ直球勝負の美味しさ。



ブリオッシュ・パリジャン:250円

ノーマルは久しぶりに。


軽くてホロッと崩れるような歯切れ、保水感はなくてもパサつかず、歯に付くような感じもなく。
玉子の風味たっぷりでも臭みはなく、バターがたっぷりでもしつこさなく、完全なバランスにも感じられ。

軽やかでありながら、とても力強く濃厚で、これもまた他とは別次元のものかなと。



ブリオッシュフイユテ・アブリコ:650円


こちらはサクッとしたり、ねっとり感もあったりで、いろんな食感も楽しめて。
杏子からまったりと甘い香りや鋭角的な酸味が加わって、これ以上ない贅沢な味わい。


菓子パンという言葉は使いづらいですが、パンでありつつお菓子でもある、至高のヴィエノワズリーです。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 6   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム