FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

OGINO(東京都世田谷区) 

2019/09/22 Sun18:00訪問
オギノ オーガニックレストラン


3連戦の中日。



現在のディナーコースは前菜2品は固定、メインは5種類ほどから選べる設定。
メニュー表は前日と同じ内容でしたが、前菜は別の物を特別に用意してもらえるとのこと。



猪の生ハムとマンゴー


脂身はほぼなく真っ赤な猪の生ハム。
軽めの熟成でナチュラル感がありつつも、肉の風味にワイルドさはなく、さっぱりと綺麗な味わい。

マンゴーの方は香りは華やかで甘みも濃厚、それでいてしつこさを感じず、スッと溶けて身体に染み渡るような驚きの美味しさ。

大胆でインパクトあるサラダかと思ったら、繊細で美しさを感じるような1皿でした。



イワシとジャガイモのクレープ

期待通りのスペシャリテ登場。


ネチッ・モチッとしたジャガイモを突き抜けて、脂の乗ったイワシの濃厚な旨み。
泡立てたミルキーなスープからベーコンの風味とトリュフの香りが加わって、さらに旨み増大。

これ1皿だけ食べに来ても良いくらいです。



夏鹿のソテー

この日は忙しくてメインは追加できないとのことで、鹿一発にて。


鹿爆発にて。


この塊を均一な火入れ。一切の脂肪をまとわないマッチョな大腿筋、深紅の赤身。

ミシッとした歯応えから濃厚な肉の味、鉄分をも感じられるような深い味わい。
この爆量でも全く重みなく、胃腸に一切のダメージも与えないかのような上品なキレ味もあり。

スパイスきかせたソースも食欲増進させ、この塊でも足りないと思わせるほど、スペシャルな夏のエゾシカでした。



小豆のココナッツミルク煮

小豆色したココナッツミルク、パインとバナナにレモンのジュレまで加わり、ハーブの風味のアイス乗せ。
食べる前は良く分からない感じでしたが、見事に小豆がメインとして鎮座し、他はアクセントな位置づけに。

和風の味わいにエキゾチックさが絡んで、どこかミステリアスにも。


この日は18時スタートからほぼ満席でずっと忙しそうでしたが、たった1人のために面倒な別メニューまで作っていただき、感謝感激の食事でした。


スポンサーサイト



category: オギノ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム