FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

定番のクロワッサン系は写真撮る余裕がなく、その他のヴィエノワズリーを。



ポワール・ダルザス:550円


口に含んだ瞬間、ハッとするような明るさある香り。
細かくカットされたポワールはオードヴィ漬けと思われますが、ここまで香るのか?と。

熟しきったような甘みに鋭角的な酸味も交わり、爽やかさの中に切り込むような刺激も。
ポワール自体は少量ですが、それ以上あったら旨み成分の塊のようなブリオッシュを押し潰しそうなインパクト。



フィグ・カシス:550円


ねっとり・プチプチとしたイチジクは酸味より甘みが勝つバランスで濃厚に。
イチジク単体でも成立するところに、カシスのソースが芳醇な香りと甘酸っぱさをプラス。

少し粘性があるリッチな生地との馴染みもとても良く、一体感に溢れます。



クエッチェのペイザンヌ:900円


魅惑的なマゼンタカラーの果肉、ナパージュはミラベル主体?


しっかりした厚みある皮の食感、プチュッと噛んでキュッとする甘酸っぱさ、華やかな香り。

みっしり隙間なく重なった生地は、粉の旨みとバターの風味で強烈な美味しさ。
他に何もなくてもそれだけで成立する生地ですが、しっかりと酸味ある果実はとても合います。



ションソン・マロン:1000円


早くも栗物を。


丸められた栗のペースト入り、2粒ではなく2玉というサイズ。
物理的な密度がとても濃く、なかなか噛みほぐせないような凝縮された栗ボール。

味の方の密度はそれ以上に濃く、栗そのものの力強い風味と強めの甘みが広がり、洋酒の香りが鼻に抜けて。
無敵のフイユタージュ生地、ダマンドのまろやかな旨みと、足らない物は何もない栗のお菓子です。


他にはない物、それが食べられるという事だけで価値があります。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム