FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ビッシュ・ド・ノエル2019-1 

ビッシュ・アヴァン。



ビッシュ・ド・ノエル・フロランティーヌ

フロランティーヌの由来は分かりませんが、ピスターシュ単一のお菓子。

静寂な佇まいから放たれる高貴さ溢れるオーラ。
飾り気なく色合いも地味でありながら、思わず見とれてしまう美しさ。



柔らかく、かつ力強い香り。
いかにも狙ったような香り高さではなく、ごく自然に本来あるべき香りが滲み出ているように。



ムースは経験ないほど濃厚なミルキーさがあるものの、スポイルされずに主張するピスターシュアロマ。
ツンと来る感じは一切なく柔らかく徐々に広がって、それが豆由来である事が明らかな香り。

何となくの例えで言えば、ナッツではなくビーンズに思わせるような豆の風味。

ビスキュイの方は強くダイレクトに香り、ムースに比べて艶っぽい色気を感じるも、そこに作為や誇張は感じられずあくまでナチュラルに。

ムースは一瞬だけ舌に絡みつくような感覚から、スッと離れて儚げにも感じる口溶けへ。
生地は食感に力強さがありつつ柔らかくほぐれ、味わい深くも重さなくスッキリと。



グリオットのコンポート。
濃厚な酸味がピスターシュの風味と重なりあってまた別の世界観に。



少し温めて緩くしてソース状に。
ややフローラルにも感じる香りがありこちらも魅惑的に。



別件のアングレーズ。
このソースは完全にイカれてるレベルですが、決して引けを取らない芯の強さを感じます。



ダブルソースの過剰な味わいすら受け止めます。

強烈なインパクトのソースですが個人的には不要で、このピュアなピスターシュをそのまま味わいたい、もう死ぬまで毎日味わっていたいまであります。

今さら引き返せない道であるなら、進み続けるのみ・・ などと考えさせるような感動的な味わいでした。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム