FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

タルト偏。

ビッシュ2台があったものの、タルトも頑張って一通り。



タルトタタン・ア・ラ・ヴァニーユ:750円

特別バージョンで、あらあらヴァニーユが盛大に。


目に見えるだけでなく、口の中でジャリジャリとした舌触り、その音が鼓膜にまで。
味蕾と鼻腔にはバニラとリンゴの芳醇な風味が駆け抜け、五感の全てをあらゆる形で刺激。

甘みと酸味の波状攻撃は甘みが勝ち気味になるものの、それにも完敗しない紅玉の仕上がりにも感服。



タルトポアールフレーシュ:750円

今頃になって気付いたのですが、ポワールではなくポアールの表記でした。


この日はみずみずしさ溢れる完熟状態で、シャキッ・ジュワッとした歯切れから、滑らかで蕩けるような口当たり。
爽やかさとコクのある甘みがあり、果汁が染み込んだダマンドも別次元の美味しさに。



タルトパンプルムース:750円


グレープフルーツは果汁たっぷりで特有の酸味やビター感が薄く、スッキリした糖度が高めに。
洋ナシと相まみえて上質な爽やかさがさらに増し、ピスターシュの香りをまとって魅惑的な方向にも。



タルトノルマンド:750円


リンゴの爽やかな美味しさと、穏やかに染み渡るミルキーなアパレイユ。
何気ない素朴な全体像の中に、素材のくっきりした輪郭が浮かび上がってエモーショナルな感覚も。



タルトフレーズ:1250円

あまおう爆裂バージョンで、タルト1カットとしての重みがおかしいほど。


破壊的なマラデボアの香りに、甘みに偏ったイチゴのパワフルさ。
それをガッチリ受け止める密度の濃いピスターシュ、味わい深いタルト生地。

色気ある美味しさが自由奔放すぎて危険性を感じるほどに。


時にチャーミングに、時にエロティックに、変幻自在の美味しさです。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム