FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

pâtisserie Tendresse(京都市左京区) 

またも京都帰りのお土産で頂きました。



豪華に5つ。



親切に商品説明の用紙付き。



ザズー

ホワイトチョコクリームに、プラリネとフィユティーヌを含んだムース・・ムース?


その自称ムースの部分はなかなかナイフが入らないほどカッチリと。
コクと香ばしさがあり、ザクザクしつつネチッとしつつ、ムースではないけど焼き菓子っぽくもない不思議な食感。

ショコラブランはしつこさなく品のある甘みで、駄菓子になりそうな構成でも高貴さを感じられる味わいに。




ルヌヴォー


ショコラブランの軽やかな甘み、フルーツの華やかさ、ピスターシュの妖艶な香り、アブサン由来のメントール感、グリーンアニスのスパイシーさなど、いろいろと絡み合って複雑ながらもすんなり入ってくる感覚。

アブサンの香りとアナナスに少しチープさがありますが、クセのありそうな構成でも明るく爽やかさある全体像で、個人的には好ましい味です。



レガル


まずガツンと来るシナモンの香りが印象的。
カッチリと保形されているも、ムースの口溶けは心地よく、メレンゲのサクサク感も小気味よく。

こっくりしたバタームース、プラリネのコク、フォンダンという感じではないものの濃厚なショコラ。
かなり甘みが強い全体像ながら、それほど重苦しさは感じず食べられます。



ヴィクトリア


マンダリンオレンジのムースから鮮烈な香りと甘酸っぱさ。
華やかな香りは、二重三重にも連なって感じられるような深みある香り。

ショコラブランがオレンジのビビットな印象を和らげ、ココア生地がもう1段階ダークさを底上げ。
光ある所には影があるなどと思わせるような味の重なり。



レグゾティック


ビシッとエピスを効かせた生地に濃厚なガナッシュ。
バニラのムースの中にはまったりしたバナナと刺激的なラムレーズン。

わりと食べ慣れた構成ですが、ポワールよりはバナナとラムレーズンの方が異国情緒あります。


特に目新しい物があったわけではなく、コストを減らすのはこういう部分かなと感じてしまうところもあったりしましたが、今回も新鮮な気分での食べ心地でした。


スポンサーサイト



category: 関西

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム