FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

La Vie du Pain(愛知県岡崎市) 

定期観測で久しぶりに。



2号店に加え、パティスリー系の店舗も新たに出店され繁盛しているようで、商才は確かなよう。



クロワッサン:238円

相変わらず国産材料でも「これがパリの味」だそう。


たまたまなのか焼き色が淡くなってライトな印象を受けますが、以前と変わらずベチャッとするような油脂押し。
発酵バターだけでなく、ミルキーな甘みや塩気など味が濃く、分かりやすい旨味成分が前面に。

ちょっと余談ですが、食べたことのある愛知県内のパン屋のクロワッサンだと、最もウェットなイメージ。
逆に最もドライだったのが名古屋の涼太郎というお店で、同時に食べ比べたら差の大きさが面白そうではあり。

なお、どちらも県内では美味しいという評価が多いのかもしれませんが、個人的にはどちらもピンとこないというか、全く好きではないです。



クロワッサン オ ザマンド:281円


これは通常のクロワッサンでなく、薄い層を立たせたオリジナルのチャラいクロワッサンになるよう。
数年前に1度食べただけですが、クロワッサン以上にウェットで揚げパンみたいだった記憶。

そこにシロップたっぷり打ってスーパーウェットな上に、バターの酸化した風味や低質なラムの風味も混ざっていろいろとハードモードに。



クグロフ:270円


風味弱めのブリオッシュ生地に、レーズンとオレンジピールたっぷりと。
重みなくスムーズに食べれ、サイズは小さいもののボリューム感ありリーズナブル。



プーレ:432円


照り焼き風の鶏皮に、細かくしたモモ肉、底には玉ネギもたっぷりと。
バゲット生地にはスパイシーなカレーソースが塗られ、シンプルながらいろいろ備わった味わいに。

鶏肉をほぐしてあるせいか食べ応えにパンチがない印象ですが、これもボリューム自体はけっこうあり、変なハンバーガーなどよりはるかにリーズナブル。



フラン:378円


フィユタージュ生地はあまり存在感なく、アパレイユはクリーム風の滑らかな口当たり。
ライトというか素朴な全体像ですが、意図しているものだと思われ、無難な方向で良い感じ。


コンセプトなど在り方として好ましくない部分はありますが、三河では面白みや発展が期待できる数少ないパン屋でもあります。



スポンサーサイト



category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム