雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

捲土重来 

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています」

イチローの言葉だそうです。

実際に成し遂げた人の言葉には重みがあり、また、そうであるべき・あってほしいと思える内容です。


しかし現実には、努力を続ければ必ず一流になれるわけではありません。
成功するためには努力など最低条件であり、他の要因の方が大きく影響すると思われます。

僕自身の話をすると、自転車に関してはおそらく、多くの人よりも地道な努力を積み重ねたかと。
「こんな事をコツコツと続けている自分が報われないはずがない」と信じ、実際に相応の成果は得ました。

が、僕が重ねた苦労や努力など、圧倒的な才能の前ではたいして価値のないものでした。

理不尽な事に、僕が数年かけてやっと辿り着けた所を、数ヶ月で通過していった人がいます。


ただ、そういった現実を子供の頃から何度も体験し、いろんなことを諦め・妥協していくのも人生です。

それがただの趣味であり、たかが趣味の事ならなおさらで。
いずれ飽きたり挫折することを考えたら、最初からそんなに頑張らないというのも一つの手段なのかと。


何度も挫折を繰り返した僕は、もう「あまり頑張らない」という予防線を張ることにしました。
適当に取り組み「いやー、みんな良く頑張るよねー」と俯瞰的に生きていこうかと。

しかし、最低限の努力もしない人間に、才能のある人を羨む資格はありません。
ならば最後に限界量までの努力をして、それでも天才には敵わないという事実を認識してからにしようかと。


さて、僕は先天性である「才能」はなくても、手前味噌ながら、他の資質ではけっこう高いものを得てまして・・

努力に必要でもある「情熱」「思想」「理念」「勤勉」
これらに関しては、客観的に見ても、自分より優れている人間は周りにおりません。

そして、それらを駆使して限界に挑んでおりますが、なかなか限界が見えて来ない現状です。

そろそろ飽きたんだけど・・まだ続けないといけないのか・・・
このままでは、とんでもないところに行ってしまうんじゃないだろうか・・・

と、そんな感じの近況です (・∀・)


スポンサーサイト

category: 思想

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1082-0d7b04b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム