雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

ベッカライ福十(富山県小矢部市) 

2016/08/11Thu 12:30訪問
福十


続いて3軒目のパン屋へ。

駅前にある小さなお店ですが種類はそこそこ豊富。
ベッカライを掲げてますが、訪問時はドイツ系のパンはほとんどなく、菓子パンや惣菜パンなどいろいろあり。

個人的な定番ものを数品購入。


 
発酵バターのクロワッサン:172円

表面は焦げるほど焼きが強く、厚い皮はバリバリして苦味があり、そして中は空洞でスカスカ。
ひょっとしたら失敗作かもしれませんが、どういったところを目指している物なのか分かりません。


 
バターのリュスティック:129円

小麦の香りも感じられ、バターはたっぷり使われており風味が良く。
ただ、バターなら好きな量を付けて食べれば良いので、水と塩だけで作ったもので良いかなとも思います。


 
ダノワーズ・オランジュ:237円

デニッシュ生地はクロワッサンよりは良い印象。
フィリングはヨーグルトソース、オレンジはマリネされておりジューシーさもあります。


 
ダノワーズ・ルージュ:237円

フランボワーズ、ブルーベリー、グリオットが入ったデニッシュ。
果実はそれぞれ仕事されてますが、香り付けはなく、酸味を抑えて食べやすくしている感じです。


 
フルヒテブロートf:486円

ドライフルーツぎっしりのカンパーニュ。
重みのある食感ながら口溶けも良く、フルーツの風味が生地によく馴染んで美味しいです。


 
キタノカオリのバゲット:378円

パリパリッとして香ばしいクラスト、クラムは甘みもあり優しい口溶け、小麦の香りがしっかり感じられます。
これはブレンド粉ではなく100%ぽいですが、国産小麦ではキタノカオリがパンには最も良さそうです。


他店との比較では高いものも安いものもありますが、それが純粋に質に比例している印象。
リーンなパンで、そこそこ高いかなと感じる物は良さそうです。

インパクトのある味や記憶に残りそうな物はなさそうで、そもそもそういう所を目指してないのかなと。
無難で飽きないような物を求める方には良さそうな感じのお店でした。



2016年8月11~16日 北陸旅行
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ビット(砺波:パン)
バイス(高岡:パン)
戸出ジェラート(高岡:ジェラート)
福十(小矢部:パン)
春乃色食堂(南砺:食堂)
ズッカ(南砺:ジェラート)
能登半島サイクリング前編
藤田屋(輪島:デリカ)
能登半島サイクリング後編
マルガージェラート(能登町:ジェラート)
チェルキオ(七尾:ジェラート)
栄食堂(朝日町:食堂)
オーボンスーブニール(富山:ケーキ)
オーボンスーブニール・焼き菓子
西町大喜(富山:ラーメン
よしだや(氷見:食堂)
森八(金沢:和菓子)
吉はし(金沢:和菓子)
チャンピオン(野々市:カレー)
サンニコラ(野々市:ケーキ)
サンニコラ・焼き菓子
サンニコラ・チョコレート
二オール(野々市:パン)
白山白川郷ホワイトロード
トランブルー(高山:パン)
宇奈月ビール
富山の地酒
金沢百万石ビール
石川の地酒


スポンサーサイト

category: 北陸

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1093-dc5cd211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム