食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

悪鬼羅刹 

エース練について少し。
どうも最近では、ただエースと一緒に走ることを「エース練」と呼んでいるとか?

なぜそんな事になってしまったのでしょう・・・エースもナメられたものです。

しかし、これは僕にも責任があるのかもしれません。
このまま放っておくと大事になりかねないので、正確なエース練をお届けしようと思います。



まず、ご存知だと思いますがこの自転車、枠だけで52万5千円です。
そしてエースは常に「枠の値段を聞いて来い」と思ってます。 もう、そういう顔をしてます。

基本的な流れはこうです。

下僕「あれ?エース、この素敵な枠って・・・いったい、おいくらするんですか?」
エース「ん?ああ、これか。 これはな・・・・・・・・・52万5千円なんだよ」
下僕「ちょっと待って! ごごごっ、ごじゅうにまんごせんえん!? 枠だけで!?」
エース(大満足)

このようなやり取りを1日100回は行います。
「立命館首席」「13歳下の嫁」も同様で、さりげなく話題を振ってくるので即座に対応しなければいけません。

まず何よりも、それをしてなければエース練ではありません (`・ω・´)



新ネタとしまして、チェーンリング。

良く見ると分かりますが、真円ではなく、エースの豪脚により楕円に変形しています。
さらに全体的に破壊され、あたかも模様のような肉抜きがなされてます。

ここも讃えるポイントです。

しかし、「あれ?クランクはデュラ"エース"なのに、他は・・ウルトララ?なんだこれ」とか、
「うわぁ・・52万5千円の枠にウル何とかって、すげえ残念な自転車だ・・」とか、

そんな本音は絶対に言ってはいけません (`・ω・´)


そのように、触れてはいけない事もあります。
例えばトレードマークでもある、オールシーズン着用の真っ赤なシューズカバー。



うわ、け、決して、クソダサい靴下を隠そうとしているわけでは・・あり、ありま・・・



あ、それでシューズカバーしてるんだ・・・と、気付いてしまっても絶対に言ってはいけません (`・ω・´)


さて、走力の極悪ぶりは今さら語ることでもないので、その他の部分を。



時にメカトラもあるかと思います。



エースは決して自分の手は汚さないので、汚れる部分は手を差し出しましょう。



たまに漕ぐのを忘れるので、何も言わず押しましょう。



お店に入るときなどは、自転車の盗難・転倒の防止に努めましょう。


そして、ここからが重要なところです。

真の「エース練」とは、走って終わりではありません。



練習よりも、はるかに長時間で過酷な反省会が待っています。

これを経験してないなら、エース練を語ってはいけません。



反省会といっても罰を与えられるだけですが、ありがたく受けましょう。

2リットル一気飲みとかでも、感謝してお受けしましょう。



餃子10人前も謹んで一気食いしましょう。


エースの言うことは絶対!
異論・反論・抗議・口答えは許されません。

エースの言うことは絶対!
拒否はおろか、質問や確認さえも許されません。

それが正しいエース練です。

それを知ってなお、真のエース練に参加したい超ド級の変態なら、歓迎いたします (・∀・)


スポンサーサイト

category: エース神話

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1180-d6a00c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム