雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

タルト編



洋なしのタルト:650円

別に意図はないのかもしれませんが、タルトポワールではなくこの表記でした。


過去にも2回食べてますが、当然その時によって産地も違えば、味や仕上げ方も変わるよう。

今回の洋梨は丸く大きな状態のままドンと鎮座され、ジャクッとした歯応えからシャキシャキと。
大胆かつシンプルで、毎日食べても飽きのこないような味わいです。



タルト・キャラメル・ポワール:750円


こちらはキャラメルソースが加わりますが、ただ乗せただけでなく形も変化あり。
ポワールが下まで沈み込み、タルト生地も少しだけ深くなっています。

キャラメルはポワールだけでなくダマンドにも深みを加える印象。
シンプルにポワールを味わうならキャラメルなしですが、こちらの方がお菓子として完成度が高い感じです。



タルト・レザン:800円


ボコボコ入った巨峰はナガノパープルだそうで、ちょっと黒みが強め。

葡萄はそのまま食べるのが一番良いと思いますが、こちらでは香りが引き立たせられもっと美味しくなります。
ピスターシュのダマンドの香りも合わさり、酔いしれるような芳醇さです。



無花果のタルト:900円


生のイチジクはあまり美味しいと思ったことないですが、しっかり仕事されたこちらは複雑な旨みがあり。
さらにクチュッ・プチプチっとした食感が、ポワールのシャキシャキ感と相まって気持ち良いです。

カシスの酸味、ピスターシュの芳醇な香りも加わり、とても立体的な美味しさでした。


今回タルトは4種類で全部買えましたが、実はホールでもう1種類が1つだけ出てました。
クエッチェのタルトで売り切れるだろうと思いきや、常連さんは予約で買えるせいかスルーされ残りました。

で、どうしようかと。

ホール(8カット)でも1人で食べ切れるし、6500円という値段も質量を考えれば安い。
しかし、食べたことのないクエッチェで、そのものの味が好みではない可能性もある。

迷ったあげく、いっぱい買えたからいいやとヤメておきましが、やっぱり買えば良かったなと。
こんな機会は二度とないかもしれないし、日本でクエッチェのお菓子が食べれるのはきっとここだけで。

よく、やらずに後悔よりもやって後悔と言いますが、実際にはやって後悔の方がダメージ大きいのですよね。
それは要するに分かってながら自爆しに行くわけで、個人的にはやらずに後悔の方が正しい判断だと思ってます。

しかし、このお店は後悔がなさそうなので、次回からは迷ったらやる事にします (;´∀`)



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1189-cf162cca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム