雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

2016/09/21 Wed 12:30訪問
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ


ここからはいつものコースで。
池尻大橋、三軒茶屋へと向かうために渋谷を経由するので、こちらには必然的に寄ることになります。

いろいろ新作も出ており、4品イートインと2品テイクアウト。



ル・パシフロール:756円

イートイン専用メニューで、生ケーキではなくアイスです。


パシフロールはパッションフルーツの事と思われ、外側の黄色い部分がパッションフルーツ。
シャーベット系のジャリッとした口当たりから、ハッとするような強い酸味が広がります。

内側はムースを凍らせたようなクリーミーなアイスで、まろやかな甘みの蜂蜜風味。
中にはフルーツやナッツがゴロゴロと入って、土台の凍ったサブレ生地はザックザク。

いろんな味や食感が楽しめ、氷菓という括りでは過去最高のお菓子でした。



レクレアスィオン:616円


かなりスパイシーな生地で、シナモンやナツメグのようなものが混ざりあったような風味。
その中には果肉入りの杏子ムース、ピスタチオのムースリーヌにフランボワーズの果実も。

香りの強い素材を重ねて複雑な味わいですが、外周部のメレンゲも含め食感は軽め。
甘いお菓子ではなく、スパイシーさや酸味などが際立っている印象です。



シブーストゥ・オランジュ:670円


シブーストは時期変わりのようで、こちらのシブーストはとても好印象でしたが、今回は残念でした。
クリームはゴワゴワし、全体の味・香り・食感はパッとせず、全然美味しくなかったです。



ポロネーズ:567円


ブリオッシュはキルシュ漬けのようですが、そこまで強烈なアルコール感はなく。
生地自体の旨みも感じられ、コクのあるカスタードとカットフルーツの華やかさもあり。

外側のメレンゲが大量ですが、甘ったるさは全くなくペロリと食べれます。


テイクアウトした2品。


タルトゥ・サンチャゴ:394円


このお菓子は岐阜のお店では凄く美味しいのですが、まるで別物のような普通さでした。
と言っても比較論であり、ニュートラルな気持ちで食べればちゃんと美味しいと言えます。

ちょっと期待外れでしたが、こちらでは常温販売で賞味期限も10日ほどらしいので、その辺も何か違うのか。



キャヌレ・ドゥ・ボルドー:270円


こちらでは初めてカヌレを見ました。

表面はカリッとして、中はみずみずしくもっちりと。
玉子、バニラ、そして強めのラム、蜜蝋もちゃんと感じられて美味しいカヌレです。


たまにハズレっぽいものもありますが、毎回他では食べられないようなものもあり。

しかし、最近では美味しいと感じるお店は、このお店に関わりがある所ばかりになってきました。
敬意を評して、これからも東京旅行では毎回寄ろうと思います (´∀`)



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1203-80923eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム