雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

洋菓子舗 茂右衛門(東京都国分寺市) 

茂右衛門:その4


 
カフェ・ロマーノ:230円

カリッとした噛み応えからスッと溶けていくような感じで、重量も食感もとても軽いお菓子。
苦味のきいたコーヒー味ですが、ときおりレモンが香って、どこか不思議な風味です。


 
キャラメルとパイナップル:230円

キャラメル風味のほろ苦い生地に、細かなドライパイナップル入り。

パイナップルはアクセント程度の量ながら、洋酒により甘みと香り引き立たせられてとても印象的。
一瞬ビターなキャラメルを感じてから、ブワッと華やかなパイナップルの風味が広がります

完全にパイナップルのお菓子の印象ですが、とても美味しいパウンドケーキです。


 
黒糖とラム酒:230円

黒糖風味の生地にラム酒がたっぷり打たれ、どちらもしっかり風味が感じられます。
黒糖もラム酒もサトウキビから作られるので、この組み合わせは意外と自然なのかもしれません。


 
檸檬:230円

こちらはシンプルな生地にレモンピール入り。
ときおりジンの風味を感じ、爽やかなレモンのが良いアクセントです。


 
コーヒーとウヰスキー:230円

コーヒーは香り付け程度と思いきや、後からジンワリと独特のほろ苦さがきます。
ウィスキーは終始鼻に抜けるような香りが続き、コーヒーとの相性も良く。

人を選ぶお菓子ですが、コーヒー・酒・ケーキなので、これ以上ない嗜好品です。


パウンドケーキの生地はオイルでも入っているかと思うほどで「しっとり」よりは「じっとり」といった感じ。
そして味はもちろん、どれも香りが素晴らしかったです。

値段もお手頃で、次回からもパウンドの購入は必須です (´∀`)



2016年9月20~22日 東京旅行
日記
お多幸(中央区:おでん)
小田保(中央区:食堂)
天房(中央区:食堂)
高はし(中央区:食堂)
さのきや(中央区:甘味)
ターレットコーヒー(中央区:コーヒー)
うさぎや(中央区:和菓子)
オーボンヴュータン(中央区:ケーキ)
シニフィアンシニフィエ(中央区:パン)
イデミスギノ(中央区:ケーキ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺:ケーキ)
茂右衛門
茂右衛門
茂右衛門
うさぎや(杉並区:和菓子)
みつや(杉並区:角打ち)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
オリーヴォ(品川区:オリーブオイル)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_茂右衛門(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1210-5c3d65c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム