食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

一家言 

先日は久しぶりにレースに出ました。
チームへのかかわりも久しぶりで、レースと合わせていろいろ思うところがありました。

僕はエンデューロというレースに限っては、誰よりも多種多様な条件・状況を経験をしたという自負があります。

いろんな経験を重ねるにつれ内容も良くなり、最終的に常識外れともいえる結果を残せたと思っています。
それは純粋な能力より、数々の失敗からフィードバックされた、その時々に応じた最善の走りによるものです。

しかし、経験値というのは何も考えずして得られるものではありません。

上手くいかなかったなら、最善の手はどこにあったのかを考えなければ何の進歩もありません。
また、結果的に上手くいったとしても、もっと良い選択はなかったのかを考えるべきかと。

反省がなければ、きっとまた同じ失敗を繰り返します。


何度か言ってますが、ProjectAceというチームは僕以外はみんな天才型の人間です。
何も考えなくてもできてしまう、あるいは何も考えない方が上手くいく人達なのかもしれません。

職場にもいますが、このタイプの多くは「成功=さすが俺」「失敗=運が悪かった」という感覚のよう。
成功しようが失敗しようが「ここが良かった/悪かった」などの回顧はしないみたいです。

反省って言葉知ってる? 人生で反省したことってある? くらいのレベルです。


さて、先日のチームエンデューロを踏まえた話をします。

結果としては、交代が上手くいかずに早々とレースから脱落することになりました。
そして、当然のように「仕方ない」「運が悪かった」な感じで終わりました。

それは本当に仕方なかったのか。

他のチームはできているのに、なぜ自分たちはできなかったのか。
レースの流れの中で、あのタイミングでの交代の判断に、何の過失もなかったと思っているのか。

さらに、詳しくは知りませんが、前回のレースでも似たようなミスがあったとか。

・・・お前らバカなの? 学習能力ないの? 人として恥ずかしくないの?

僕は責めましたが、「お前ごときがエラそうに言ってんじゃねーよカスが!」と、逆ギレくらいました。

天才さんはプライドもお高いようでして、普段見下している凡人からの指摘には激昂しちゃいます。
さらに正論すぎる発言は、よりいっそう大きな怒りを買うようで、言ってはダメですねー。


交代のベストタイミングは、レースの流れの中で判断する事です。
相手がある事なので、自分たちが前もって決めた時間がベストタイミングという事は、絶対にありえません。

1時間くらいで交代と決めておいても、明らかに活性化した流れの中では交代すべきではありません。
もし交代の合図を出した後で危険な状況になったら、もう1周でも2周でもして仕切り直せば良いのです。

逆説的に言えば、ちょっと流れが緩んでいる時の交代がベスト。
消極的な方法ではありますが、次走者に負担やプレッシャーをかけないという点では最良かと。

マークしている・されているチームがあるなら、序盤であれば、そのチームに合わせて代わるのがベター。
仲間意識の高いチームがいたなら、ともに代わるのもリスク軽減できる良い作戦です。

前もって1時間くらいと言ったからって、何も考えずに1時間経ったからじゃあ交代は悪手。
交代アタックが失敗しているのに、またはアクシデントがあるのに、構わず交代に入るのは最低最悪です。


これらが正解かはまたその状況によりますが、理屈としては間違ってないかと思います。

しかし、よく言われる事ですが、こういった話は「誰が言ったか」により重みが全然違ってきます。
ウチのチームのメンバーは、リスペクトが一切ない僕の話など聞いてくれないようです。

聞く耳持ってくれないのはまだしも、逆ギレされてはかないません。
僕は少し前からレースについての口出しをヤメましたが、今後はもう関わることも躊躇われます。

言いたい事も言えないこんなチームじゃ・・・ポイズン。


スポンサーサイト

category: 理念

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1212-6c749c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム