雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

La Vie du Pain(愛知県岡崎市) 

2017/03/04 Sat 10:00訪問
ラ・ヴィ・デュ・パン


この日は岡崎へサイクリングに行き、まずはパン屋さんへ。

岡崎でも山間部に近いエリアで、昨年4月にオープンしたまだ新しいお店。
若きオーナーシェフは国内やフランスの有名店で修業されたそうで、メディアにもよく取り上げられています。

以前に何かで「岡崎からフランスの味を」みたいな文面を見ており、かなり期待しての訪問でしたが、ラインナップや人気商品の案内はカレーパンやクリームパンなど日本のパンばかり。

ちょっとテンション下がりましたが、とりあえずいろいろ買ってみました。



クロワッサン:216円


表面はパリパリッ・中はジトッと。
バターだけでなくミルクの風味も強くて味は濃いですが、その分少し重さの残る食後感です。



ラヴィワッサン:216円


いろんな媒体で見かけるこちらの看板商品と思われるオリジナルのクロワッサン。
通常のクロワッサンと同価格なので材料もほぼ同量と思われますが、ずいぶん変形させてます。

何枚も重なった層がザクザクバリバリですが、油分が多くベタ付きが感あり、油で揚げたのではないかと思うほど。

見た目と食感のみ追求した物かもしれませんが、クロワッサンの尊厳を侵しているし、パンとも言えません。
もちろんこういう物があるのも良いと思いますが、本場フランスを目指している店が作る物ではないかなと。



ショコラ・オンザマンド:281円


パンオショコラのザマンド系。
ちなみにパンオショコラも「ショコラヴィ」という品名で、ラヴィワッサンみたいな形でした。

たっぷりのシロップもダマンドも主張は弱く、チョコレートだけ強いですが、こちらも少し重いです。



カオリ:216円


キタノカオリ100%で、ハードではなくフカフカのパン。

表面はハリのある固さで、中はムッチムチ。
ナチュラルでリーンな風味ですが、加水がかなり多いので小麦の風味を損ねている感もあります。



フリュイ:302円


バカッとクープの入った表面は口の中切りそうな固さですが、噛むごとにとても口溶け良く。
ちゃんと仕事されたドライフルーツはみずみずしく、クルミも香ばしく、間違いのない美味しさです。



クグロフ:259円


ブリオッシュ生地は風味が弱く、少しもっさりと。
レーズンとオレンジピールもそれほど主張は強くなく、ややボンヤリした印象。

甘ったるさやクドさがないので食べやすいですが、いまいち捉えどころがないです。



バゲット:302円


カイザー系の突き刺さりそうなほど先端が尖った形。

香ばしさと、かすかな酸味の余韻があり、少し茶色がかっていることもあってカンパーニュっぽさがあります。
ルシュクレクールのバゲットにちょっと似てるかなという感じもします。



中央食パン:713円


岡崎食パンというのが普通の食パンのようですが、いつも予約分で終了らしく、もう1種のこちらを。
バターやミルクなどたっぷり入った食パンで、分かりやすい美味しさです。


何と言うか、例えばアメリカで、本場日本の味を謳う寿司屋に行ったら、カリフォルニアロールがメインだったみたいな感じですかね (;´∀`)

仮にそのカリフォルニアロールが凄く美味しくても、ちょっと違うだろうという話です。

と、期待が大きかったのでガッカリした部分もありますが、三河のお店では良い方でした。
田舎町のパン屋では理想だけを追求した物は売れないから、これくらいが限界なのかもしれません。



2017年3月4日
ラヴィデュパン(岡崎市:パン)
隆盛(岡崎市:中華)
一よし(岡崎市:うどん)
芋や(岡崎市:甘味)



スポンサーサイト

category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1244-8ac5b418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム