雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

オーバーラップメモリー 

実は僕、幼い頃から熱狂的なカープファンです。

愛知県で生まれ育ってきた人間では珍しいと思います。
当然ながら大半は中日ファンで、巨人ファンや阪神ファンもよくいますが、広島ファンには会ったことがありません。

あるいは僕自身そうでしたが、カープファンであることは公言しにくい部分もあるのかなと。
好意を持つクラスメイトや、好きな芸能人が地味なタイプだと何か明かしにくいとか、それと似た感じがあります。

で、今年は実に25年ぶりの優勝だったわけですが、それはもう泣けました。
もし25年後にまだ元気で生きていれば、今年の優勝は鮮明に覚えていると思います。

しかし25年前の優勝は高校1年の時で、ほとんど覚えてません。
カープは僕が生まれた年の初優勝から、高1までの16年間に6度優勝しており、当時は特別でもなかったのです。

と、強かったとはいえ、昔からカープファンだと言うと、必ず「なんで?」となり、その説明が面倒くさいので公言しづらい部分もあったのですが、今回はもう長々と語ります。


僕が子供の頃のカープ。

チームカラーは真っ赤でも、別の意味でのチームカラーは非常に地味で、親会社のない貧乏球団。
コツコツ当てて、粘っこく塁に出て、足でかき回して、ノーヒットで1点を取るのが美学とでも言うようなスタイル。

しかし、そんな形で強大な相手に勝っていく様は、齢1ケタにして早々と、自分が「持ってない」人間であると悟ってしまった感受性の強すぎる少年に、大きな影響を与えました。

もちろんプロ野球選手はみんな超エリートであり選ばれし者なのですが、地味なチームのそのプレースタイルは、凡人でも輝ける、生き残れる道が必ずあると教わった気がします。

が、前述のとおり、僕が20歳くらいまで毎年優勝争いするチームでしたが、そこから低迷期が訪れます。
FA導入とドラフトの逆指名制度により「持ってない」球団はどん底に叩き落されました。

一流選手にまで育て上げた主力、さらに活躍した外国人選手まで「持っている」人気チームに次々と引き抜かれ。
また、将来有望なドラフト候補には相手にされることはなく、地元出身の選手にすらそっぽを向かれて。

一方で社会人となった僕も、世の中の厳しい現実や理不尽さを思い知ります。

仕事をコツコツ頑張って評価されても、コネだの縁故だの、何ならトップの気紛れ一発でひっくり返される。
望まれて合コン的な場に行っても、他に分かりやすい高スペックの男がいたら自分など見向きもされない。
努力がそのまま反映される分野だと実感できた自転車も、本当の天才は初心者時から努力家を上回っている。

何をどう足掻いても、持ってないヤツは持ってるヤツには絶対に敵わない。

それはまさにカープの姿とダブり、低迷してなおさら僕のカープ愛は深まることになりました。

しかし、そんな状況でもカープは全然ダメではありませんでした。
さすがに万年Bクラスながらも、この25年で最下位は2回だけです。

僕も腐らず諦めず、それが自己満足であっても報われなくても、できる事をコツコツ続けました。

この先の人生で役に立つことのないだろう資格をいくつも取得したり、いろんなジャンルの専門書を読んでみたり。
何の才能もないことを自覚しつつ日々身体を鍛えたりと、この何年もの間、40歳過ぎた今でもムダに自分磨きです。

そんな僕はともかく、カープは逆指名が撤廃された数年前から少しずつ盛り返し、昨年、ついに絶好のチャンスが訪れます。

これまで手っ取り早い方法での強化を繰り返してきたチームは、その代償として伸び悩みを抱えることに。
逆に地道に育成してきたチームがジワジワと這い上がって、戦力の格差はなくなり、勢いだけならもう上回ったはず。

また、カープ女子なんて言葉もできるほどファンも増加し、東京ドームすら真っ赤に染まる信じられない状態。
仕上げにかつてのエースと4番が感動的な復帰を果たし、今までの全てが物語の筋書きであったかにも思えました。

捲土重来。
やっとその時が来たと確信するも、結果は優勝どころか4位。

ああ、やはりそんなドラマチックな話のはずがなかった。

それがカープであり、きっと僕なのだ。
僕はこれからも負け続けの人生を送り、カープの優勝も生きている間には見れないのだろう。

と思ったら、今年は5月途中から首位?・・・でも期待しない。11連勝?10ゲーム差?・・・でも信じない。
またあの悪夢か・・リメークドラマか・・・いつだって、持ってるヤツらの引き立て役だ。

ところが持っているどころか「神ってる」状態で、今まで見た事のない強さでの圧倒的勝利。
最後は残念ながら夢物語の完結とはなりませんでしたが、もう少なくとも25年も待たなくて良さそうです。

僕はと言えば、これからも何も成し遂げられないと思います。
でも、もう恵まれているヤツを妬んだりしない。僕は僕なりに、間違いなく人生を楽しめている。

これからも、カープに生き方を教わっていきます。


スポンサーサイト

category: 理念

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 4   

コメント

自分も小学生時代に野球すきで広島応援してました。
テレビで放送がないときはラジオを聴きながら応援していました。
前田、緒方、野村は最強だと今でも思っています。

ボリショイ荒川 #- | URL | 2016/10/30 22:27 | edit

Re:ボリショイ荒川さん

お!同志でしたか。
でも実家は東京でしたよね。家族が広島に縁もゆかりもないとしたら、僕よりレアではないですかね (;´∀`)

その3人は能力も素晴らしかったですが、数少ない「カープを出ていかなかったスター選手」でもあります。
今はあれほど華のある選手はいないですが、職人系のいい感じの選手が多くて、とても好ましいチームです (´∀`)

hiccolo #- | URL | 2016/10/31 20:32 | edit

東京出身なので周りには巨人ファンが多くて広島ファンは自分だけでした…。
色的に赤が好きというのと、他球団に比べてお金が無いながらにも選手を育ててる印象があり好きになりました。
最近はあまり野球を見ていなかったのですが、今期のCSはちょいちょいテレビで見てました。応援していた時の選手はいませんが、『広島勝てー!』と思っていました。

ボリショイ荒川 #- | URL | 2016/10/31 20:56 | edit

Re:ボリショイ荒川さん

判官びいきの日本人の気質からだと、カープファンはもっと多くても良さそうなのですけどね。
僕は常に自分の人生を写してきましたが、特に縁がないのにファンの方は、似たような人も多いのかなと感じます。

日本シリーズは、同じように育成球団である日ハムが相手だったことも嬉しいところで、今年の野球は良かったです。

hiccolo #- | URL | 2016/10/31 21:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1248-12c78efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム