雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

沖縄そば 

先日の沖縄旅行では、料理も食材も初めて食べる物ばかりでしたが、その中でも沖縄そばについて。

実際に食べる前までの知識やイメージとしては、「そば」と言ってもそば粉は入ってないため日本蕎麦ではなく、中華そばに近いらしいものの、白くて太めの麺はうどんのよう。

透き通った淡麗系と思われるスープは麺と合いそうな感はあるものの、脂身の多い肉のトッピングがアンバランスで、あまり美味しそうには思えませんでした。



これは究極的なほどキレイな見本ですが、この絵からでも味のイメージが湧きません。

しかし、実際に食べてみたらその美味しさに驚きました。

スープは食べる前から鰹が香り、口に入れるとブワッと鰹の風味が溢れ、さらに豚の味も追ってくる。
しっかり取られた出汁からの強い味わい、そして後味はクリアで、スープだけでもオーダーしたいほど。

最近多い「魚粉乗せて魚介風」や「背脂乗せて豚骨風」などのラーメンには、絶対にあり得ない味の深みがあります。


そして、好みが分かれると言うか、おそらくダメな人が多いであろう麺。

もともと沖縄そばの麺は、木灰を入れて作られていたそうです。
文字通り、木を燃やして出る灰を水に入れ、そして浮いてきた灰汁を取り、小麦粉で作った麺に加えると。

さらに、麺は開店前から茹でて、それを油にまぶしてそのまま置いておき、オーダー後に軽く湯通し、あるいはそのままスープに入れての提供が基本のよう。

どう考えても美味しくないし、もう食べ物ではない感じすらあります。

まあ、そもそも郷土料理とは味を追求したものでなく、生活の知恵からできるもので、沖縄ではそうした方が良い、せざるを得ない理由があったのかと思われます。

今ではかん水を使っているお店がほとんどであり、オーダー後に生麺を茹でて提供するお店も多いよう。
今回は9店舗行ったのでいろいろなお店がありましたが、伝統的な製法のお店にも数軒行きました。

そんな麺はコシは一切なく、ゴワゴワ・ボソボソした口当たりから、ブツッとした歯切れ。

食感に関しては良いと言えませんが、しかし、麺では体験したことがないような小麦の香りがします。
かん水使用と思われる麺でも、少量しか使ってないようで、しっかりと小麦が感じられます。

決して良い香りではなく、安っぽい匂いではありますが、何で?と思うくらい香ります。
まさか小麦の栽培に最も向かなそうな沖縄で、最も小麦が香る麺を食べれると思いませんでした。

ラーメンは今は麺固めが主流のようで、特にハリガネとか粉落としとか、もう麺じゃない物を好む方は無理かと。
あまりいないと思いますが、小麦オタクな方は、食感のマイナス要素を度外視しても食べる価値があります。

トッピングの肉に関しては、美味しいラーメン屋のチャーシューも遠く及ばないレベルでした。
三枚肉、ソーキ、テビチ、どのお店で食べても文句のない美味しさです。

なお「沖縄そば=ソーキそば」みたいなイメージでしたが、実際はそうではなく、沖縄そばの種類の1つである感じ。
むしろ、9店舗行って標準メニューでソーキが付いてくるお店は、元祖ソーキそばの1店だけでした。


と、沖縄そばに関してはど真ん中のストライクで、汁に入った麺料理というジャンルでは最高級の評価です。

また来年、そばを食べ歩くためだけに沖縄に行ってしまうと思います。


スポンサーサイト

category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1339-c48bbea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム