食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

patisserie PARTITION(浜松市北区) 

2016/12/11 Sun 13:45訪問
パルティシォン


続いて三ヶ日駅近くのケーキ屋さんへ。

小さなお店ですが、駅の近く&国道沿いの好立地にあり、壁沿いに2席イートインコーナーあり。
調理から接客までシェフが1人でやられているため、商品は少なめながらパンも3品あり。

約1年ぶり2度目の訪問ですが、わりと期待してのイートイン。



モネの睡蓮:430円


他店でも食べた事のあるイルプルーのお菓子で、ともにインパクトあるカシスとチョコレートのケーキ。

ハッとするようなカシスのムースとジュレに、濃厚なチョコレート生地とガナッシュ。
本来はレモンの華やかな風味とリキュールの強い香りが加わりますが、それらは使ってないよう。

チョコレートのキレもイマイチで、やや重さを感じます。



ベルエレーヌ:420円


他店では「ベレレーヌ」という物を食べてますが、アレンジのよう。
構成は上から、栗とチョコのクリーム、洋梨のムース、チョコ生地、栗のムースに洋梨入り、チョコ生地。

ずいぶん手間のかかりそうな作りで、ゴチャゴチャしそうですが、わりと穏やかな一体感があります。
ただ、やはり洋酒かスパイスか何か香りが欲しいです。



クロワッサン:180円

サクッ・ハラハラッとした食感からバターの風味が広がるスタンダードなタイプ。
軽くリベイクされての提供でしたが、価格比ではなかなか良いです。



自家製ジンジャーエール:220円

メニューに300円とあった気がしますが、セット割引なのかレシートでは220円でした。
香料ではない生姜そのものの味と、適度なスパイスがきいて美味しいです。


焼き菓子も2品テイクアウト。


 
パン ド ジェンヌ:170円

香ばしさのある外周部はアーモンドダイスも入って良い風味。
少しエアリーでパサつき感もありますが、優しい甘みで食べやすいです。


 
ガレットブルトンヌ:170円

かなりの厚みですが、サクッとした歯応えから口溶け良く、穏やかな甘みとバターの風味。
焼き菓子は両方とも原材料にラム酒の表記があるものの、ほぼ香りません。


ワンパンチ足らないのは意図的と思われ、田舎町であり、遠州も三河も本格的なフランス菓子のお店がなくレシピ通りだとマニアックすぎるため、そうせざるを得ないのかなと。

まだ新しいお店で、かなり若いオーナーシェフなので、今後に期待して定期観測していこうかと思います。



2016年12月11日 浜松方面
猪鼻湖(ランニング)
なつめ(北区:カフェ)
パルティシォン(北区:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1351-edd0f55f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム