食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

マインドフルネス 

この週末は大寒波で雪予報だったので、2日間一歩も外出せずに、延々と読書して過ごしました。

まあ、こんな状況でしかできない事でもあるので、年に一度くらいは良いかなと思います。


で、ガーミンの歩数計によると普段は2万〜3万歩、走る日によっては3万歩を超える事もあるので、引きこもったらどんな感じだろうと楽しみにしてたのですが・・

2017011520255506d.jpg 20170115202557596.jpg
食事時だけながらも、意外と歩くもので。
まあ、腕の振りで計測しているようなので、座っての何らかの動作でもカウントされているかもしれません。


ついでに、その他の1週間データ。

20170115202558956.jpg
月曜が休日で40km走をブッ込んだので、土日ゼロでも合計約100km。
通勤ランは片道6km、遠回りして9kmで、その時の状況次第で決めています。


201701152025596cd.jpg
通勤前の早朝ローラーのみで、距離は適当な数値です。


2017011520260130f.jpg
水泳は今のところ無しで。


20170115202602400.jpg
ほぼ変動ないですが、増える方より、減らないように気をつけていますスイマセン。


20170115202604bc7.jpg
本来の睡眠時間は21:30-4:00ですが、真冬のこの時期は、練習時間を少し身体のケアの方に移しているので、22:00-5:00に。

休日は遅く起きる事も多く、昨晩は本が読み終わらず軽く夜ふかしでした。

この睡眠の浅い/深いをどのように計測しているのか謎ですが、わりと正確な印象で、先日外泊した時は1時間に1度目が覚める感じでしたが、ほとんどの時間で浅い眠りと計測されていました。

肉体疲労だけでなく精神面も大きいと思われ、いろいろと研究中です。


いろいろ面白いですが、他に気軽に心拍が見れるのも大きいです。
現在の心拍数を確認できるのはもちろん、運動時以外の平均値も表示されます。

心拍数は酸欠気味などの肉体的な事だけでなく、精神状態でも左右されますが、だからこそ意味があるかと。

僕は数年間、寝起きでの安静時心拍を測ってますが、その日の数値と体調はリンクします。

心拍数は、ここ数ヶ月の実測で最少32最大193ですが、寝起きで40以上ある日は状態が危うく、その日は心身を穏やかに過ごすように心がけてます。

疲れなんて肉体的なものだけではないし、トレーニングだけのものでもないので、TSSとか、そんな机上での数値で決定されるものではなく、実際の身体からの声だと思います。

僕の心と身体は、1分間に32回の「生きている」を訴え、時に193回もの「もうムリ死ぬぞ!」を叫びます。

心拍を軽視する人のトレーニング理論、何なら人生論すらも、僕は一切信用しません。

何が基準でも良いですが、自分の身体や気持ちの状態に気付く力が必要かと思います。

あ、自分に気付くと言っても、自分を探しにヨーロッパに行くとか、そんな話ではありませんので (・∀・)


スポンサーサイト

category: 思想

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1405-582843c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム