食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

とん唐てん(浜松市中区) 

2017/01/28 Sat 11:30訪問
とん唐てん


続いてラーメン屋からほど近いお店へハシゴ。
メディアにも良く取り上げられる人気店で、親子丼も有名なトンカツ屋さんです。

それほど席数は多くないですが、カウンター席もあり1人でも気軽です。



湖西の豚肉を使ったカツと、御前崎の軍鶏を使った親子丼ということで、地産地消にもこだわっているよう。

そんなに来れないのでトンカツと親子丼のダブルオーダーは必須ですが、ラーメン食べた直後でもあるので、ともに安い方にして、さらにトンカツは単品にてオーダー。



調理はわりと時間がかかり、先に親子丼に付くサラダの提供。
全てワゴンでの配膳のようで、厨房から一番近い席でのサラダのみでもワゴンで運ばれて来ました。



一黒軍鶏匠み炙り親子丼:1512円

しばらくして登場の親子丼。卵とじはフワトロ系で、卵黄のトッピングも。


とんかつ(竹・単品):1674円

さらに遅れてのトンカツは白っぽい色の衣。
メニューに記載はなかったのですが、単品は150円引きだったので、定食にしておけば良かったなと。



親子丼の方は、卵とじと生卵だけではなく、最初からご飯にも卵が絡められ卵づくし。

これで卵が不味かったら悲惨ですが、さすがにそれはなく、地鶏らしい旨味のある味わい。
調味料はごく少量しか使ってないようで、とにかく卵の味で押してきます。

軍鶏の肉自体は小間切れで、小さな肉を美味しいと感じられる価値観は僕にはないです。



珍しい黒七味もあり、ちょっと入れて食べるとまた良い感じですが、これだと入れすぎでした。



トンカツは、最初に最もバランスの良い右から2切れ目を塩で食べてみるよう勧められます。
この他にも、親子丼・トンカツともに食べ方のススメがあり、配膳時に説明の要/不要を聞かれました。



低温長時間での揚げにより、真空調理のようなしっとり感があり。
脂身は多くないですが、スッと入る歯切れからジュワッとした肉汁が広がります。

長時間揚げのため衣はカラッとはしておらず、油が切れてないのとは違うものの少しベチャッとした感じあり。
衣自体は薄く淡い色あいで、油の鮮度も良いと思われますが、あっさりとはしてないです。



塩はガツンと強い味でしたが、ソースはあまり特徴なく。
専門店は自家製ソースも1つのポイントと思いますが、何も付けなくても食べられる肉の旨みはあります。



親子丼では、ひつまぶし的な食べ方の用意もあり。
ちなみに、お新香が不自然な味が無くて良かったです。



薬味を乗せて鶏の出汁つゆかれば、また違った味も楽しめます。


個人的にはトンカツも親子丼も高級食ではなく大衆食堂で食べるのが好きですが、これくらいの値段でこのくらいの物が食べれるなら、たまには良いかなと思います。



2017年1月28日
杢屋(西区:うどん)
ランプ(中区:パン)
スギヤマ(中区:パン)
カセル(中区:パン)
麻や(中区:パン)
アボンドンス(中区:ケーキ)
浜田山(中区:ラーメン)
とん唐てん(中区:とんかつ)


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1417-55f89e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム