雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

ペック社のチョコレート 

メディア等で、鬱陶しいくらいに高級チョコレートが目に付くシーズンに入りました。

チョコ1粒で500円とかバカじゃないの?と・・・
1台100万円くらいの自転車に乗ってる人が言っているのではと思われます (・∀・)

まあ、誰しも興味のないジャンルにおいては、原価も販売価格も、それを買う人も理解できない、理解しないのです。

とは言え、多少のボッタクリでも飛ぶように売れるバレンタイン商品はやはり怪しいかと。

本来より高く取っているだけでなく、数ヶ月前からの大量生産も当たり前になるわけで、品質も怪しいです。
海外の有名ショコラティエの商品も、本人自らが日本向けに一生懸命作っているなんてあり得ません。

言うならば、逆にこの時期だけはチョコを買ってはいけないと (;´∀`)

しかし、バレンタインのイベント用として、製菓用のチョコレートで手作りするなら話は別です。
僕も暇があったら簡単な焼き菓子でも作って自分に振舞おうかと、仕入れてみました。



スーパー ゲアキル

イルプルーが輸入販売している、フランスの「ペック」というメーカーのチョコレート。
通販で買えますが、成城石井でも売っているらしいです。

200gか1kgで売られており、この200gはタブレット2枚入りで約1000円です。


食べる前から強い香りがあり、口に入れるとさらに力強い香りが広がります。
ややスパイシーにも感じる独特の風味で、カカオが果実である事を感じさせる酸味があります。

パンチがありつつも嫌らしさは一切なく、心地よい余韻が続く後味。
製菓用ですが、タブレットチョコレートとして日常的に食べたい感じです。



カカオ・パートゥ


こちらはカカオ100%で、口に入れた瞬間は味がないように感じられるほど穏やか。
噛んでいくと次第に華やかな香りが広がり、強めの酸味が押し寄せます。

もちろん甘みはないものの、苦いという感じもなく。
雑味のないとてもクリアな味で、そのままでも問題なく食べられます。



ノワール・キャフェ


カカオ豆にコーヒー豆を加えたタイプで、かなり細かく挽かれているのか口当たりがとても滑らか。
共に力強い風味で、溶かしてそのまま飲むだけで大満足できます。


製菓用チョコだと「ヴァローナ」という有名メーカーがあり、ケーキ屋やパン屋でも「ヴァローナ使ってます」みたいなPOPを見かけますが、経験上、そのお店はハズレの可能性が高いです。

ヴァローナは高級でブランド価値も高いので、一般受けは良いですが、専門家やマニアには酷評され気味です。

僕のような素人はヴァローナも普通に食べれますが、このペック社と比較するとかなり落ちます。
同時に食べ比べれば誰にでも分かるくらいかと思います。

わりと安いですし、手作りチョコならペック社がオススメです (´∀`)


スポンサーサイト

category: イルプルー

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1420-43a235f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム