食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

方法序説 

3本ローラー1時間走。


前後のアップとダウンは計測しておらず、平均220Wくらいで1時間。
キツい負荷ではないものの、ほぼ一定でノンストップ1時間続けると、疲労物質ジワジワきます。


これくらいの負荷は、数年前はケイデンス100くらいだったのが、現在は105~110ほど。
つまり、踏んでいるギアは1枚軽くなりました。

実走でも同様に、巡航時の使用ギアは以前より軽くなり、登りでは足らない事も頻繁。

もうフロント:トリプル、リア:超ワイドにしたいくらいですが、弱ったわけでなく、むしろ体力的にはレース出まくってた数年前よりはるかに高い状態です。


ランニング。


3km×14周で42kmの予定も、ちょっと足裏に痛みが出てヤメました。


ランの自身最高速は・・非公式なので信じなくて構いませんが、10kmで32分台。
キロ3分15秒ほどのペースで、ピッチ210・ストライド140くらいでした。

現在は長距離・長時間走れるようにシフトして、ストライドを縮めただけでピッチ数は変わらず。
抑えて走っても200前後で、かなり多めの歩数になるかと思われます。

なお、ピッチ200とケイデンス100は同義ですが、自転車の100回転ほど簡単ではないです。


この高回転は目指していたところで、ようやくモノになったかなと言う感じです。


ランなら「ストライド×ピッチ」、自転車なら「ギアの重さ×ケイデンス」にて"その状況下での速度"が決まり、逆に言えば、その2つの要因以外は関係ありません。

「ここを鍛えれば良い」「この機材・用品を使えばラク」とかも、結局はその2つを上げるべくより良い状態を作ると言う事にすぎません。

走ってて気持ち良いくらいがマイペース。そこから速く走るためには、脚の動きを早めたり強い力を加える必要がありますが、相反する部分も多少あるので、両方上げて長時間の維持は難しいです。

ランナーはピッチ走法かストライド走法か、試行錯誤しながらも最終的には自分に合う方にたどり着くのかなと。
合う方よりも、合わない方を悟り、豪速球を投げれないから変化球やコントロールを磨くみたいなイメージです。

ただ、サイクリストは重いギアを踏めるのが強者みたいな概念があるのか、多くの人がそっちを追求します。
資質に合う合わないを悟りにくいのもありますが、まず機材ありきで、機材にフォーム等を合わせる意識が強いよう。

機材スポーツはここに1つ罠があるかなと。

人によっては、ホームランバッターではない事に気付かずホームランを狙い続けている感じで、もちろん趣味・娯楽なので本人が楽しんでれば良く、口出しはしませんが、少しもったいなく感じます。


まあ、細かい話をすると長くなりすぎるし、お前ごときが言ってんじゃねーよとなるのでヤメますが、最近はいろんな競技をしている方達と話す機会があり、考えさせられるところが多いです。

知る範囲だけですが、サイクリストはこだわり強いようで流されやすいかなと。
誰しも自分のことは自分が一番理解しているはずながら、サイクリストは当てはまらない人が多い印象です。

"何も考えず"良いと評判のパーツを選ぶだけ。
"何も考えず"友人と練習を頑張ってやるだけ。
"何も考えず"強い人に必死でついて行くだけ。

これらは非常に手っ取り早い手段で、ラクに満足感を得られる方法ですが、言い換えればただの怠慢です。

僕も特に勤勉ではないですが、省察に長けていた分、最短距離を通って、自身の器での最高点に辿りつけたかなと。

ただ、自分が思ってた以上に、控えめに予想していた以上に、最高到達点が低かったです・・・


スポンサーサイト

category: 思想

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1455-ee35473f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム