雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

リフレーミング 

もともとは、気分転換に水泳をやろうとジムに行き始めたのですが、最近は筋トレの方がメインになってきました。

と言っても、筋トレがランや自転車に特別な効果があると確信したわけではないです。

基本的には、ランでも自転車でも、まず明確な目標をしっかり立てる・・・例えばフルマラソン○時間切りであれば、そのペースで走る練習、その距離や時間を走る練習が絶対で、他の事はあまり重要ではないという考え方です。

実際にランでも自転車でも、そのやり方で目標を達成できました。

しかし、同じ事をずっと続けていると、見込める成果が予想できる反面、限界も悟れてしまいます。

現状維持で良いなら今まで通りを続けていくのが最善ですが、もっと良くなりたいのなら、失敗に終わるリスクも覚悟で全く別角度からのアプローチを試したほうが良いのではと。

また、正論に沿って型にはまりすぎると、他のいろんな可能性を潰してしまうのではと考えた次第です。


で、結果はまだ分かりませんが、ジムにはいろんな目的の人がいるわけで、さりげなく観察していると面白いです。
また、インストラクターは学生時代に何かの競技をしていた人ばかりで、話を聞いて参考になることも多々あります。

さらにボディビルダーはかなりキテおり、「筋肉は裏切らない」とか気持ち悪いことを平気で言います (・∀・)

しかし、この言葉は1つの真理でして・・・そもそもスポーツにおいては、努力はたいして報われません。

持久系のスポーツは、球技なんかより努力が反映されるほうですが、それも中級者レベルくらいまでの話かと。
努力次第で誰でもトップレベルになれるわけではないし、レース結果が練習量の順位になることはありません。

しかし、筋肉というのは努力そのものの結果であり、多少の差はあれ誰でも必ず報われます。

また、ランでも自転車でも、一生懸命に練習しても速くなるとは限りませんが、多少の暴飲暴食を繰り返したところで何の影響もない引き締まった身体を維持できます。

そういう意味で「筋肉は裏切らない」は名言ですし、そのボディビルダーは思考が全て「筋肉のために」だそう。
明確なビジョンを持ち、それに対してとても真摯で勤勉なところに、敬意を持たない事はできません。

まあ、気持ち悪いですが (・∀・)


あと、ジムには行く時刻も滞在時間もバラバラですが、いつ行っても必ずいる女性がいます。

延々と有酸素系マシンをローテし、プールでウォーキングもされるのですが、いつも計8時間はやってる感じ。
40歳前後と思われますが、僕でもビビるほど黙々と続け、誰かと話をしているところは見たことありません。

何を目指している方なのか謎で、ある意味「今一番気になる人」と言えますが、僕のような者がうかつに近づいたら「何ですか気持ち悪くてホント無理ですごめんなさい」とか言われそうで、声はかけれません。

あ、別にその人がそんな雰囲気とかでなく、僕は知り合った女性全員にそう言われる自信があります (`・ω・´)

この俺にかかれば、どんな女でも「ゴメンナサイ」と返事するに決まってるぜ!です (´;ω;`)


・・まあ、何の話か分からなくなりましたが、狭い世界で生きていると常識がなくなるので、少し視野を広げてみる、他の世界を見てみるのも良いかなと思います。


スポンサーサイト

category: 戯言

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1462-c8237006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム