雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

洋菓子舗 茂右衛門(東京都国分寺市) 

2017/03/19 Sun 11:00,12:00訪問
茂右衛門


続いて国分寺まで移動してケーキ屋へ。
何でも、焼き菓子の大量予約が入った関係で、この日は商品が少なめとの事でした。



さらに開店直後だったので商品も揃ってませんでしたが、とりあえず4品をすぐそばの公園で。



あんことくろみつ:580円


スペシャリテ的なものと思われ、食べるのは3回目になります。

あんこ、黒蜜、チョコレート、ココナッツなどの素材で構成され、品名は完全に和菓子でもテイストはほぼ洋菓子。
もの凄く合ってはないですが、良くある和素材での洋菓子では断トツというか、唯一美味しいお菓子です。



それれゆ:630円


ビスキュイ生地はジュニパーベリーだそうで、しっかりした甘みの中にピリッとスパイシーなアクセント。
コクのあるアーモンドのムースリーヌに、オレンジソースはタンカンだそうで南国チックな風味。

こちらの柑橘系はとても香りが素晴らしいですが、他にちょっと覚えのある変わった風味もあり。
何だろうと思ってジュニパーベリーを調べたら、ジンの香り付けに使うそうで、ああなるほどねと。

ジュニパーベリーは聞いたことある程度で、お菓子では当然初めてでしたが、まだ知らない味がたくさんあります。



タルト・ヴィエイユ・フランス:500円


カッチリ焼き込まれた生地とダマンドは香ばしく、杏子とリンゴがゴロゴロっと。
杏子は甘く仕上げられながらフレッシュ感を損なわず、ソテーされたリンゴはややビターな仕上がり。

シンプルですが、とてもバランスの良い美味しさのタルトです。



タルト・ノワール・ショコラ:500円

常温販売されており、掴んだらホロッと崩れるくらいの柔らかさでした。

断面撮り忘れましたが外も中も真っ黒。ビターな味わいで、雑味なくすっきりした後味。
生地もガナッシュもいつも食べているペック社のチョコレートとココアの味で、安心安定の美味しさです。


後半に続きます。



2017年3月18~21日
日記1 日記2 日記3 日記4
オギノ(世田谷区:フレンチ)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
陳麻家(世田谷区:中華)
いしはら食堂(三鷹市:食堂)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
せんだい屋(世田谷区:食堂)
寿屋(世田谷区:居酒屋)
兆楽(渋谷区:モーニング)
鹿屋アスリート食堂(千代田区:食堂)
筋肉食堂(港区:食堂)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
神南カリー(渋谷区:カレー)
うさぎ(渋谷区:ラーメン)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_茂右衛門(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1495-e14ab7a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム