食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie Bebe(愛知県愛知郡東郷町) 

2017/08/27 Sun 13:00訪問
ベベ


いつも通り〆はこちら。

この日は都合により13時オープンとの事で、ちょうどの到着でしたが、慌ただしくされており商品も半分ほど。
イートインはやめておき、出ている物から数品をテイクアウトにしました。



今回は4品と焼き菓子。



ロワイヤル:594円


アーモンドのムースはビターな香りとミルキーさがあり、ブランマンジェ風味。
オレンジと白桃が爽やかさを加え、メレンゲが軽やかな甘みを加わえて。

優しく軽く穏やかな全体像の中に、ドンとした芯があるように感じられます。



バジルとミントの小さなたわむれ:699円


ピスターシュ生地はいつも通りの風味と食感の力強さ。
ムースからは爽やかなシャンパーニュの香り、パッと華やかさを演出するマンゴーとフランボワーズ。

メインは大量にして強力なハーブの群れですが、それに全く負けない一つ一つのパーツ。
他店で食べた物と旨みの質が違い、2枚くらい上に感じられました。



サン・バルテルミー:699円


ココナッツのムースと生地にパインとマンゴー。
これだけなら爽やかな夏のお菓子としてよくありますが、バニラをしっかり香らせ、より南国チックに。

さらにトップのホワイトチョコから柔らかな甘み、底のクリスピーな生地からリズミカルなサクサク食感。
シンプルな見た目の中に、しっかりと引き立て合う意味のある素材が詰め込まれています。



ベルギービールのタルト:322円


パイ生地は香ばしくザクザクッと。 アパレイユはプルンとした表面を抜けると緩めでしっとり。
卵感が強めの風味に柔らかな甘み、その後からオルヴァルの独特の苦味がふわりとやって来ます。

全体的には穏やかですが、ビールの風味はちゃんと感じられます。



今回はリボンもついた、ちょっとした手土産に最適シリーズ。

もちろん自分への手土産にも最適です。



2017年8月27日
ぱん兄弟(天白区:パン)
アヴァロン(天白区:ケーキ)
アヴァロン
十四明(豊明市:うどん)
べべ(東郷町:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_ベベ(愛知:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1541-5b45c4f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム