雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

OGINO(東京都世田谷区) 

2017/05/04 Thu 12:00
オギノ レッドアンドグリーン レストラン


東京で時間ができたので、無理やり入れてもらってのオギノへ。



この日のランチメニュー。
メインは豚or白身魚からの選択ですが、特別に牛サーロインを用意していただきました。



この後は歩くだけなのでお酒飲んでも良かったのですが、夜の予定に備えてジュースで。



無添加シャルキュトリ、オーガニックデリ盛り合わせ


ソーセージは食感重視なものではなく、肉としての旨みで食わせます。
この日のテリーヌはブルーチーズ入り。定番の鶏のリヨナーも安定の美味しさ。

野菜にも力強さを感じ、特にキャロットラペは地味に響くものがあります。



トウモロコシのポタージュ

作り置きを注いで出しているわけではなく、その都度仕上げをしての提供でした。

わざとらしい甘みはなくコーンそのものの味、どこか果実的にも感じます。
やはりスープではなく野菜を食べている感じで、かなりのコクと妙なボリューム感もあります。



イタリア産シャロレー牛サーロイン。

肉だけドンと。野菜は別皿で食べているので、肉の皿は肉だけ乗ってれば良いとの潔さ・・ではなく、ひょっとしたら原価割れしているのかもしれません。



厚みは3㎝以上ありますかね。
さすがに本来なら3千円のコースの中の1品として出せるような物ではないかなと。



この厚みでもいつもながらの美しい火入れ。
中心部に行くにつれて生の赤みになるレアではなく、全て火が通っての均一なロゼ色。

この芸術的な火入れにより肉汁は完全に閉じ込められています。
ちょっと大げさに言えば、カットしても流れ出ることはなく、細かく咀嚼して初めて染み渡るような感じ。

たまに映像などで見ますが、カットして食べる前に肉汁出てしまったら意味ないですよね (;´∀`)

一瞬だけガシッ・ミシミシッとした歯応えから、適度な量の肉汁でしっとりと。
肉そのものの旨み、いつも安定の赤ワインソースとの相性も抜群で、また良い物を食べれました。



焼きチーズケーキ ハスカップソース

チーズ濃厚とかではなく、とてもバランスの良いチーズケーキ。
コクと甘み、グラハム部分の香ばしさ、たっぷりのハスカップソースの甘酸っぱさとの相乗効果も感じます。



今回はミントティーで。


3千円のランチなんて庶民が気軽に頻繁に食べれるものではなく、高価すぎると言えますが、これが3千円なら誰でも安い、食べてみたいと思うのではないですかね。

逆にワンコイン・ランチでも高いと感じられる物もあるわけで、「コスパが良い」とは「単価が低い」ことではないのです。

外食に何を求めるかは、質、量、安さ、気軽さ、特別感、安全性など、その時の条件・状況によりますが、知る限りでは、それら全てを兼ね備える唯一のレストランです。



2017年5月2~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6
三浦半島(サイクリング)
あさくさ食堂(鎌倉市:食堂)
しぶき亭(三浦市:食堂)
イルブリガンテ(鎌倉市:ジェラート)
肉丼の店(大田区:食堂)
駒沢公園(世田谷区:ランニング)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ニューオータニ(千代田区:ビュッフェ)
ターブルオギノ(藤沢市:カフェ)
香香飯店(三島市:中華)
小椿(沼津市:とんかつ)
すみの坊(三島市:うなぎ)
小川港食堂(焼津市:食堂)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_オギノ(東京:フレンチ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1560-c9f1301a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム