雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

小椿(静岡県沼津市) 

2017/05/06 Sat 11:30訪問
小椿


この日は三島に滞在しつつ、ランチは沼津のとんかつ屋さんへ。

数年前に1度、今年1月に2度目の訪問をしながら、臨時休業と売り切れ終了。
3度目の今回は開店10分前到着で、無事に営業準備中でした。

老夫婦でやられているこじんまりしたお店で、カウンター3席とテーブル2卓のみ。
このお店ではカウンターに座れなければ意味がないのですが、先頭なので無事確保。



メニューもロースとヒレのみのシンプルさで、パン粉が終わり次第終了の案内。

肉ではなく"パン粉"。 パン粉に情熱を注ぐとんかつ屋さんです。

オーダー後、切り置いてあった肉に卵をつけ、パン粉の入った容れ物にズドン。
まな板の上に出し、それからパン粉を足らない部分?に1粒ずつ丁寧に付けて完成させていきます。

仕上がったら、カツが乗ったまな板を回転させながら念入りにチェック。
納得いかないところがあれば、再度パン粉を1粒ずつ付けていくという仕事っぷり。

そして仕込み終わったカツを揚げている間にキャベツの盛り付け。
こちらも切り置いてあった物を袋からつまんで出し、少しずつ円すい状に盛り付けていきます。

終わったら腰をかがめて手をひざに乗せ、グッと構えた格好であらゆる角度からキャベツをチェック。

いやー、噂通りどころか想像以上にキテました (・∀・)
パン粉とキャベツに対する真剣な眼差しは圧倒的でもあります。



ロースかつ定食:1600円

あ、もう満足して、帰っても良いくらいでしたが、とんかつを"食べに"来たのでした。



情熱を注がれたパン粉は、意志を持っているかのようにピンと立ち上がって。



水にさらしてないのもありますが、こちらも力強さと美しさを感じます。



さて、パン粉とキャベツには重すぎる愛ですが、肉自体はあまり興味ないよう。
酸化を気にせず最初から切ってあるくらいですが、下処理もほとんどしてないのではという印象。

それでも肉そのものが良いのと、ラード100%で揚げられているので豚の風味が強くて旨味はあり。
トータルとしてけっこう美味しいとんかつです。



衣もキャベツも残しません。
仮に肉を残しても、礼儀として衣とキャベツだけは微塵も残しはしません (`・ω・´)


ぜひまた食べたいと言うか、また見に行こうと思います。
外国で獲れた沼津産のアジとか謎の物を食べるよりも、断然とんかつ食べに行きます (´∀`)



2017年5月2~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6
三浦半島(サイクリング)
あさくさ食堂(鎌倉市:食堂)
しぶき亭(三浦市:食堂)
イルブリガンテ(鎌倉市:ジェラート)
肉丼の店(大田区:食堂)
駒沢公園(世田谷区:ランニング)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ニューオータニ(千代田区:ビュッフェ)
ターブルオギノ(藤沢市:カフェ)
香香飯店(三島市:中華)
小椿(沼津市:とんかつ)
すみの坊(三島市:うなぎ)
小川港食堂(焼津市:食堂)


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1564-8a8f2c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム