食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

よなよなエール 

国産メーカーのクラフトビールの最も有名なもので、最近はスーパーやコンビニでも良く見ます。



よなよなエール

ビールは、基本的に「エール」と「ラガー」の2種類の製造方法。

一般的にラガーはキリンの商標と思われているようですが、ただの製法を品名にしただけ。
一番搾りもスーパードライもモルツも黒ラベルもエビスも、エールと表記のないものはラガービールになります。

個人的なおおざっぱで簡単な感想を言いますと・・
ラガーは苦味とコク・すっきりした爽快感。 エールはフルーティな甘みと香り・まろやかさがあります。



で、よなよなエールも柑橘系の甘みのある味と香り。
外国製のエールビールと比べると苦みもあり、全体的に力強さも感じます。

ノドを潤すようにグビグビ飲むものではなく、1口ずつ味わうもので、そんなに冷やさなくても大丈夫かと。
「苦いビールじゃないけど甘いお酒でもない」みたいな気分の時に良いかと思います。


若者のビール離れが言われますが、僕も若い頃に一時ビール離れしました。
どの飲食店も、どの酒屋やスーパーも大手のビールしか置いてなく、苦いだけの同じような味で飽きました。

しかし、エールや小麦ビールを飲んでみてビールに対する印象が変わり、その上でラガーを見直す事もできました。

ビールが苦手な人も、大手のラガーしか飲んだ事がない人も、1度は試してみて良い物かと思います。


スポンサーサイト

category: ビール(国産クラフト系)

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1571-fdd91962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム