食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

2017/05/13 Sat 10:30訪問
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ


大雨の3日目はこちらから。

昼前でしたが、この後は夜までジムにこもる予定だったので、今回は惣菜も食べてみました。



ラタトゥイユ:648円


野菜は小さめにカットされており、それぞれ味はしっかりありながらクセがなく。
ほんのり甘酸っぱいトマトソースに塩気は強めですが、重みはなく食後感も良いです。



ポロねぎのクルスタッド:648円

キッシュはキッシュ・ロレーヌだけで、こちらでは他はクルスタッドと呼ぶそう。


ポロねぎはしっかり炒められ、水分吸っている感もありながらシャキッとした歯応えも。
そのものに甘みがありつつ、カレー風味のスパイシーな味付け。

生地やアパレイユもナチュラルな美味しさで、思ってたより素朴な印象で好ましい味わいでした。



ルサンスィエル:680円

以前は"レ"サンスィエルでしたが、"ル"になってました。


フランボワーズのムースからはほんのりバラの香り。
上部のチーズのムースはヨーグルトのような酸味と、ライムのようなスカッとした爽快感。

トップにホワイトチョコもかかってますが、全体的にとても上品な味わいです。



シブーストゥ・ポワール:680円

時期変わりのシブースト。少し温められてキャラメリゼが緩くなっています。


岐阜のお店でもそうですが、シブーストは長方形タイプだとパイ生地で、この丸いタイプだとタルト生地。
個人的にはパイ生地の方が好きですが、タルトの方に好印象の物が多い気もします。

で、こちらは良く言えばクセのない、悪く言えば物足りない味わい。
とりあえず毎回食べるシブーストですが、こちらではピスターシュだけで良いかなという印象です。



Nationale 7 ナショナル・セットゥ(国道7号線):702円

イートイン専用メニューの氷菓。


外周部の白い部分は穏やかな味ですが、何種類かの柑橘系の華やかな香りが押し寄せてきます。
中心部は卵黄などのコクもある力強い味に、松の実の香ばしさと蜂蜜の風味。

付け合わせのシガールも地味に美味しく、シンプルながら圧倒される奥深さを感じます。


初めて食べた惣菜は思っていたより好みで、今後は1つの選択肢にしようかなと。
また、今回でまだ2種類目ですが、イートイン専用のアイスは抜きん出て美味しいです。

今回は一段とこのお店の懐の深さを感じました。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1580-4474b3dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム